【松伏町】3歳4歳の娘刺す殺人未遂事件の場所と画像 夫動くが動機が悲しい『朝からパトカーが大量』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

埼玉県松伏町で、3歳と4歳の娘を母親が刃物で刺すと言う殺人未遂事件が発生しました。

 

事件の場所画像、悲しい動機や、の行動を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








埼玉県松伏町で3歳と4歳の娘刺す殺人未遂事件で母親逮捕

埼玉県松伏町で、自身の3歳と4歳の娘を刃物で刺す殺人未遂事件が発生しました。

 

幸いにも2人とも命には別条はないとのことですが、警察への供述から母親がかなり追い詰められていたのか辛い状況だったことが思い浮かばれます。

また、結果的にの観察力と行動が娘2人の命を守った可能性もありそうです。

 

6日朝、埼玉県松伏町で3歳と4歳の娘2人を包丁のようなもので刺して殺害しようとしたとして、母親の深澤純奈容疑者が逮捕されました。女児2人は命に別状はないということです。
深澤容疑者(36)は「子どもが望んだ人生を歩ませてあげられない」などと供述、心中を図ろうとしたとみられます。
今年5月、夫から警察に対し、「深澤容疑者が娘を虐待しているのではないか」という相談があり、警察が児童相談所に書面で通告し、警戒していたということです。

<出典:TBSニュース>

 

事件のあった場所と画像は?

母親が幼い娘2人を刺す殺人未遂事件が発生した場所は、埼玉県松伏町の自宅だとされています。

 

地図からもこの付近は、学校も多く子供のいる家庭は多い地域なのではないでしょうか。

 

TBSニュースでは、事件のあった容疑者宅が映っていますが、2階建で日当たりのいいお宅で経済面などに困ってることは感じさせる様子は見受けられません。

広告








夫の行動と犯行の動機が悲しい


逮捕された母親は、警察の調べに対し、

 

「生きていることが嫌になった。今後、子どもが望んだ人生を歩ませてあげられない」

 

と語っています。

娘たちや夫に何かストレスがあり殺害を企てたと言うよりは、何らかの原因で自分自身にストレスを感じていたようにも受け取れます。そんな自分が育てている娘たちを不憫に思ったのでしょうか。

 

また、はこの妻の様子に何か勘付いていた様子で、

 

夫が吉川署に容疑者について相談し、同署は5月14日に「児童虐待の恐れがある」として児相に書面で通告。近くに住む夫の両親に、娘2人の身の回りの面倒をみるように依頼していた。

児相は9月4日に家庭訪問したが、変わった様子は感じなかったという

<引用元:毎日新聞>

 

と、警察に相談していたようです。

この相談が、警察や児相が妻を注意深く観察できたことで、この母親に虐待の疑いがあると言うことで素早い対応を取ろうとしていたと思われます。

ただ、事件が発生してしまったことは残念ですが、現在の制度ではこれが限界なのでしょうか。

 

ただ、家庭内の問題を警察に相談しないといけなかった夫の気持ちや、母親の犯行動機を考えると、どちらもとても悲しいですね。

 

ネットの反応


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

嫌気がさして、かわいい盛りの娘2人を刃物で刺した母親。

辛いことがあったのでしょうが、かならずいいことや娘との幸せが見つかると思いますので、しっかり罪を償って、娘たちの元へ帰ってほしいと思います。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*