【高槻市】水難事故の芥川の場所と画像は?河川敷に”あぶない”の標識『泳げるような川はない』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高槻市川西町芥川の河川敷で小学生ら4人が流される水難事故が発生しました。

 

事故の発生した場所や、付近の画像、一緒にいた高齢男性は誰なのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








高槻市・芥川で小学生らが流される水難事故

大阪府高槻市を流れる芥川の河川敷で、小学生ら4人が流される水難事故が発生しました。

 

流されたのは小学生3人と高齢男性1人とされており、病院に搬送されたと言うことですが、安否については報じられていません。

高槻市ではこの日、気温は30℃を超え暑い1日となりましたが、小学生らは水遊びをしていたのでしょうか。

 

 

消防に入った連絡によりますと、7日午後2時ごろ、大阪 高槻市川西町の芥川の河川敷で、「小学生ら数人が川で溺れている」と通報があったということです。

消防によりますと、これまでに現場から、小学生とみられる男女3人と、高齢の男性の合わせて4人が病院に搬送されたということです。

NHKのヘリコプターが午後3時すぎに現場付近の上空から撮影した映像では、消防隊員が川の中に入り、捜索する様子などが確認できました。

<出典:NHKニュース>

 

水難事故の発生した場所と原因は?

水難事故が発生したのは、高槻市川西町を流れる芥川の河川敷だとされています。

 

 

NHKニュースでは捜査する様子が報じられていますが、段差のある河川の様子から、こちらの画像場所が水難事故のあった場所の可能性が高そうです。

 

広告








一緒にいた高齢男性は誰?事故注意の標識も


また、搬送されたのは小学生3人以外にも高齢男性が搬送されたと言われています。

 

この男性については情報がありませんが、小学生らとともに川に訪れていたのか、もしくは流された小学生らを助けようと川に入っていった可能性も否定できません。

いずれにしても安否が気がかりです。

 

上記の河川敷の入り口の画像には、水難事故の注意を呼びかける”あぶない”と書かれた標識が確認できます。

 

流された小学生らは、この付近が危ない場所だと言う認識はあったのでしょうか。

 

 

高齢男性は祖父 2人死亡2人意識不明・追記

その後の報道で、高齢男性は子供達の祖父だったことがわかりました。

子供達を助けに行った可能性が高そうです。

 

この祖父と、7歳の男児が死亡、他の兄弟とみられる2人も意識不明の重体です。

 

 

ネットの反応


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

同じ日に愛知県でも水難事故が発生しており、夏休みは終わりましたが暑い日が続きますので、子供達には川の危険性をしっかりと認識しておいてほしいですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*