【兵庫県猪名川町】小2女児の殺人事件の場所と画像・犯人は?発見は10歳の兄『可哀そうに』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

兵庫県猪名川町で、小2女児が何者かに刃物で切られ死亡する殺人事件が発生しました。

 

事件のあった場所画像犯人は犯行をほのめかしている母親なのか、発見した10歳のについても確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








兵庫県猪名川町で小2女児殺人事件

兵庫県猪名川町で、9月8日早朝に、小2女児が、何者かに刃物で切られ死亡する殺人事件が発生しました。

 

女児は首を切られており、発見は10歳の兄、通報したのは父親だと言うことです。

母親も腹から血を流していたと言うことで病院に搬送されていますが、犯人は速報レベルでは捕まっていませんが、犯行の自供をほのめかしていると言うことで、警察が事情を聞いています。

 

 

8日午前4時20分ごろ、兵庫県猪名川町の住宅で「娘が切られた」と父親から119番があった。小学2年の長女(7)が血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡。自らも負傷した母親が関与をほのめかしており、県警は事情を聴く方針。

<出典:共同通信>

 

殺人事件のあった場所は?

殺人事件があった場所は、兵庫県猪名川町の住宅だとされています。

 

 

詳細な場所は不明ですが、神戸新聞では現場の住宅の画像が公開されています。

 

事件現場周辺の画像

 

広告








犯人の画像や特徴は?


速報レベルでは犯人は逮捕されていません。

 

犯人に関する画像もありませんが、兵庫県警川西署によると、母親が搬送時に関与をほのめかしていたと言います。

 

県警川西署によると、民家は長女と父親、母親(43)、兄(10)の4人暮らし。父親を除く3人が2階で寝ており、妹の異変に気付いた兄が1階で寝ていた父親に知らせたという。母親も腹部から出血し、搬送されたが、意識はあるもよう。外部から侵入した形跡はなく、搬送時の母親が関与をほのめかしていたといい、詳細を同署で調べている。

<引用元:神戸新聞>

 

4年生の兄もいるようですから、自宅内で妹を発見し、突然の死にショックを受けているのではないでしょうか。

 

母親が腹から血を流しているところを見ると、何らかの理由で心中を図った可能性も否定できませんが、いずれの理由であれ、未来ある子どもの命が失われたことは言葉を失います。

 

 

ネットの反応


 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

幸せそうな4人家族に突然の悲劇、残された家族にとっても大変辛いことでしょう。

心より御冥福をお祈りします。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*