【天龍源一郎】小脳梗塞の最近の画像と家族(妻・子供)は?症状の呂律は『天龍だと分からんな』の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元プロレスラーの天龍源一郎さんが、小脳梗塞を公表し衝撃が広がっています。

 

天龍源一郎さんの最近画像や、支えてくれている家族子供)について確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








天龍源一郎が小脳梗塞を公表するも安定状態

元プロレスラーで、現在は「滑舌の悪い」タレントとしておなじみの、天龍源一郎さんが、小脳梗塞を患っていることを公表しました。

 

 

これまで、プロレスラーとして69歳という年齢まで体を酷使してきた天龍源一郎さんですので、むしろこれまで重病にならなかったことの方が奇跡的とも感じます。

 

幸いにも事務所によれば、後遺症が現れていなくて、安定状態だということですので、しっかりと治してまたお茶目な姿でテレビ出演を果たして欲しいものです。

 

元プロレスラーでタレントの天龍源一郎(69)が、今年4月から体調不良のため検査入院し、小脳梗塞と診断されたことを9日、所属事務所が公表した。3度の入院を経て、現在は目立った後遺症は現れておらず、完治はしていないが症状は安定状態という。

天龍は「身体一つで69歳までやってこられるほどタフに産んでくれた親にまず感謝しています。そして、この病気になったときに一番に支えてくれた家族や近親者のみんなにも感謝をしています」とコメント。「これからいつまで天龍源一郎としての歩みがあるのか私自身見当もつきませんが、今この瞬間を出来る限り生き抜き、まだファンの皆さんと楽しく過ごしたいと思います。ですのでこれからも変わらずに心配なく、楽しくやっていけたらそれが一番だと思っています」と心境を吐露した。

病気を機に「今のこの自分がいる事も、支えてくれている皆さんのおかげだと深く感謝をしています」と改めた考えたことを明かし、「これからも残りの人生を『天龍はしぶといナ』と言われるほどに十二分に謳歌していきたいと思います!」と回復ぶりをアピールした。

所属事務所は公表について「大相撲、プロレスと身体を酷使する時間が長かったことや年齢の事もあり、皆様方に一層のご心配をお掛けするだけになってしまうのではないかと悩みましたが、今日(こんにち)まであのような激しい生業を務めながらも救われた命でもありますので、包み隠さずに公表をする事でほんの微かでも同じ病の方々へ勇気を与え、共に闘うことが出来ればという本人の強い想いがありこの度のご報告となりました」と経緯を説明した。

<出典:オリコンニュース>

 

 

天龍源一郎の最近の画像は?

 

天龍源一郎さんが小脳梗塞であることが判明したのは、今年4月の体調不良による検査入院の際、だとされています。

 

天龍源一郎さんの最近画像としては、インスタグラムで公表の前日(9月8日)の様子の画像を公開しています。

 

 

 

また、体調不良だったとされる4月頃の画像はこちらです。

 

 

 

いずれの画像も、後遺症が無いというだけあって、お元気そうですね。

 

広告








支えている家族(妻・子供)は?

 

天龍源一郎さんは、

 

この病気になったときに一番に支えてくれた家族や近親者のみんなにも感謝をしています

 

と語っており、家族への感謝を表しています。

 

1982年に知り合った・まき代さんとは出会って半年で結婚したと言われています。

天龍源一郎さんの引退試合を支えたことでも知られる、子供)・紋奈さんは、所属していた天龍プロジェクトの代表でもありました。

 

 

 

紋奈さんが生まれた日は、試合があり、テレビ中継で「天龍選手、本日、娘さんの紋奈さんが誕生しました」とアナウンサーから告げられたと言われています。男の子なら「龍稔(たつとし)」女の子なら「紋奈」だと決めていたと言うことです。

 

妻・まき代さんは、これまでに、乳がんを患ったほか、心臓弁膜症や胆石症、糖尿病も患っていたとされています。

 

天龍源一郎さんの引退理由の一つが妻の病気(乳がん)で、妻を支えるために引退したことは有名なエピソードです。

 

その風貌からは想像もつきませんが、天龍源一郎一家は互いに強い絆と支えあいをしていることが良く分かります。

 

ネットの反応


 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

これまでも家族のピンチには支えあってきた3人ですので、天龍源一郎さんの小脳梗塞にも家族一丸でがんばっていくことでしょう。

体を大事に、ゆっくりと過ごして欲しいですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*