【北九州市】小6娘に父が2時間殴る蹴るシャワーの虐待の理由と母親は?『またしつけか』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北九州市で、小6娘に対し殴ったり蹴ったりしたとして傷害容疑で33歳の父親が逮捕されました。

 

2時間もの間行われた娘に対する暴行のひどい内容と、この家族の家庭環境や母親(妻)、虐待歴について確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








北九州市・父親が小6娘を2時間「しつけ」暴行で逮捕

北九州市で、自身の子供に対して暴行を加える事件が発生し、父親の男が逮捕されました。

 

逮捕されたのは33歳の父親で小6娘に対し殴ったり蹴ったりしたとして、傷害容疑での逮捕となりました。

男は一部否認はしていますが、娘は体に内出血(あざ)があるとされています。

 

福岡県警小倉北署は13日、小学6年の娘(12)を蹴るなどしてけがを負わせたとして、傷害の疑いで北九州市小倉北区の無職の男(33)を逮捕した。署によると、男は「しつけのためにやった」と話す一方で「間違っているところもある」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は7月10日午後10時ごろから約2時間、蹴ったり殴ったりした上、シャワーを浴びせて頬や腰付近に内出血させた疑い。

署によると、男はこの娘ら子ども2人と暮らしていた。7月中旬に虐待の疑いがあると児童相談所から通報を受け、署が捜査していた。

<出典:共同通信>

 

暴行のひどい内容と理由や発覚の経緯

暴行が行われた場所は明らかにはなっていませんが、家族内での事件ですので自宅での暴行の可能性は高まります。

住所は北九州市小倉北区だとされています。(これ以上の特定はいたしません)

 

警察によると、逮捕された父親は小6娘に対し

 

7月10日午後10時ごろから約2時間、蹴ったり殴ったりした上、シャワーを浴びせて頬や腰付近に内出血させた疑い

<引用元:共同通信>

 

とされています。

深夜0時ごろまで続いたことになりますので小学生の娘にとってはかなりの苦痛の時間だったことでしょう。

 

この暴行(虐待)の理由については明らかではありませんが、父親は無職、しかも後述の通り母親(妻)がいない家庭ということで、子育てに対して多少なりともストレスはあるでしょう。

仕事がないことでの生活への不安もあるでしょう。

 

ただいずれの理由でも子供に手を上げる理由にはなり得ません。

 

広告








容疑者の妻(娘の母親)はいる?虐待疑いで通報されていた

 

また、この家族は逮捕された父親と暴行を受けた娘ともう一人この娘の兄弟か姉妹がいる3人暮らしだとされています。

 

この男の妻(子供達の母親)については、報じられていませんが、何らかの理由で離別しているものと考えられます。

父親が逮捕され、子供達2人になってしまいますが、過去には虐待の疑いで通報もされていたということですから。もしかしたら長い期間このような生活を受けていた可能性も否定できません。

 

小6娘が耐えてきていたのであれば、その心中苦しかったことに胸が痛みます。

 

プライベートなことは不明ですが、母親か親戚から救いの手を差し伸べて欲しい気持ちです。

 

ネットの反応


 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

逮捕された父親が今後どうなるかはわかりませんが、この子供達が幸せに暮らせるように事態が動いていくことを願いたいと思います。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*