【八丈島】八丈町樫立・男女2名水難事故の起きたプールの画像が海にかなり近い『危機管理能力とは』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京・八丈島八丈町樫立海水浴場プールにいた男女が海からの波にさらわれる水難事故が発生しました。

 

事故のあった海水浴場と特設のプール画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








八丈島・八丈町樫立の海水浴場でプールの男女が水難事故

東京・八丈島の八丈町樫立の海水浴場で、設置されていたプールにいた30代の男女が海からの波にさらわれるという水難事故が発生しました。

 

直接海に入っていたわけではないにも関わらず波にさらわれたということでかなりの波の高さだった可能性がありそうです。

この男女は間も無く救助されましたが、女性が心肺停止、また、助けようと海に入った男性が行方不明になっています。

 

 

16日午前、東京・八丈島の海水浴場で男女2人が波にのまれ、30代の女性が心肺停止の状態となっているほか2人を助けようとした40代の男性の行方がわからなくなっています。

16日午前11時すぎ、東京・八丈町樫立の海水浴場に設けられたプールで、杉並区から来ていた31歳の男性と36歳の女性が海から入ってきた波にのまれて流されました。
警視庁によりますと、2人はまもなく近くにいた人たちに救助されましたが、このうち女性は心肺停止の状態だということです。
また、近くに住む46歳の男性が2人を助けようとして海に転落し、行方が分からなくなっていて、警視庁と消防、それに海上保安部が捜索しています。
警視庁によりますと、2人が流されたプールは海のすぐそばに、海水を引き込んで作られたもので、16日の八丈島は強風や波浪の注意報が出されていて波が高かったということです。

<出典:NHKニュース>

 

福岡でも水難事故が同日に発生しています。

 

【早良区百道浜】犬を助け溺れる水難事故の場所と波の画像がすごい 元気なフレンチブルドッグ『レスキューが出動した』

 

宮崎県でも台風接近の最中に、サーフィンをした男性らが水難事故に遭いました。

【宮崎県日向市】サーフィン男性2人水難事故の伊勢ヶ浜の波画像がすごい 台風17号接近『捜索する側も命懸け』

 

水難事故のあった八丈町樫立の海水浴場とプールの画像がすごい

 

水難事故が発生したのは、八丈町樫立の海水浴場に設置されたプールだということです。

 

 

報道では、波にさらわれた男女は海水浴場に設けられたプールにいたとされています。

この地区でそのような海水浴場は乙千代ヶ浜海水浴場が該当します。

 

乙千代ヶ浜海水浴場のプールの画像がこちらです。

 

 

海にかなり近く、天気の良い日は絶景ですが、この日のように波が高い日は、恐怖すら感じそうなくらいです。

 

台風も接近している中、なぜ男女はこのプールに訪れたのでしょうか。

 

プールの水は抜いてあるとの情報提供・追記

 

当記事をご覧の方から、プールの水は8月末で抜いてあったとする情報提供がありました。

当方でも、プールの管理方法を問題視はしておりません。(仮にプールが営業中だとしてもこのように海が荒れた日には近づかないほうがいいことは言うまでもありません)

 

 

広告








海上保安庁でも不明者を注意呼びかけ

男女を救助に海に入った男性が、行方不明となっています。

上記の通り、八丈島には台風が接近しており、なぜこのプールに訪れていたのか理由は不明です。

 

これにより、海上保安庁のホームーページでも近くを航行する船舶に対し注意を呼びかけています。

 

男性1名が、16日1330頃、八丈島樫立乙千代ヶ浜付近で行方不明となっています。

付近航行船舶は注意するとともに、情報があれば海上保安庁に連絡してください。

<引用元:海上保安庁ホームページ>

 

また、時系列はずれますが、観光協会も遊泳禁止の情報を出しています。

 

 

また、救助に向かい行方不明になった男性の知人と思われるユーザーも男性の身を案じツイートしています。

 


この画像だけでもこのプールの天候が悪い日の危険性が十分にわかります。

 

ネットの反応

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

連日の水難事故に胸が痛むばかりです。

救助に入った男性が一刻も早く見つかることを祈りたいと思います。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 浅沼きょうこ より:

    八丈島出身の者です。
    お千代が浜での事故
    助けに入り行方不明になった
    消防団員の無事を祈って居ます。
    プールではなく、ため池の海で
    波にさらわれたそうです。
    プールは管理等で8月末には
    水を抜いてしまいます。
    時系列外れますがの
    観光協会の遊泳禁止は
    底土の海水浴場ですが
    もちろんお千代が浜も
    遊泳禁止でした。
    島の人は海の怖さを知って
    ますから赤旗では海に近寄り
    ません。旅の方はせっかく
    だからと入ることになるので
    しょうか。残念です。
    ひたすら…無事を祈ります。

  2. o より:

    八丈島の海はとても美しくて自慢できるところですがその分とても恐ろしいということを知って欲しいのです。波は高く荒れている日に入った日には間違いなく死にます。絶対です。それを知らない観光客はもっと危ないのです。観光客の方たちはもっと海について知るべきです。知らなさすぎるのです。そうは言っても泳ぎに行く人はいますがその人は自分で自分を殺そうとしていることと同じなのです。それに気づいてください。そして泳げる自信が少しでもない人は泳ぐのはやめてください。これ以上悲しい思いはしたくないです、、胸が痛みます。何度も海に溺れて救急車に運ばれたりヘリで運ばれたりしています。亡くなった方も多くいます。本当にやめてください。
    そして、無事を祈っていますいつまでも願っています。また元気な顔を見せてください。どうかお願いします。

  3. せん より:

    乙千代の常連です。このような記事を見てとても残念です。
    青いプールは地元の人たちがシフトを組んで皆で管理しています。営業中は海へ転落しないように防護柵もあって、写真のようにただの壁ということはありませんし、監視小屋もあるし、受付で誰が利用したかも把握しています。名前や連絡先などもノートに記録するので、市民プールよりも管理は徹底されていますよ。
    他の方も書いていますが、例年8月末で水を抜きます。今年はお盆から時化続きだったため、台風対策で小屋を撤去した後、復帰することなく閉鎖したので、事件当日も水は空っぽでした。不確かな情報で記事を書くのはやめてください、乙千代の管理が悪かったわけではありません!
    私も前日に家族で乙千代に行っていましたが、干潮時に、青いプールではなく、海に向かって左奥のタイドプールの方で遊びました。地元の人には暗黙のルールのようなものがあって、満潮時には絶対に行きません。そんなことは自殺行為だからです。なぜかというと、満潮時には外海とタイドプールの間が波で覆われ、繋がってしまうからです。観光客の方はそのことを知りません。前日も、1時間ほど遊んでいたら、タイドプールの外壁を超える波が  何度か来ましたので、速やかに帰りました。外壁に登って飛び込んで遊んでいた若者たちも、さすがにやめたので、ホッとしました。
    因みに遊泳可否の看板が乙千代へ下る道の入口にあります。その忠告を守っていればまず大丈夫なのです。
    乙千代が怖いと言いますが、過去に底土でも観光客が亡くなっています。一度や二度ではありません。渦のできる場所があって、地元の人は子供でも知っています。引き込まれたら終わりなんです。乙千代が怖いのではありません、海は怖いものなのです!ガイドブックより何より、とにかく地元の人に声をかけて情報を集めてほしいです。駐車場にレンタカーしかいないような場合は、何か変だなという感覚をもつべきです。そして最後に、無謀な観光客のために地元の人が自分の命を投げ出すようなことがあるのは悲しすぎます。自分の命は自分で守ってほしいです。

    1. dehi より:

      せん様
      ご指摘ありがとうございます。当方でもプールの管理に関しては全く問題ないと思っています。NHKの報道によれば男女がいた場所はプールだとされておりますが、これは警視庁が発表した情報ですので、男女が営業をしていなかったプールにいたことは事実だと考えられます。決して乙千代のプールの管理方法に問題があったとは記述していません。一部のツイートで「危機管理能力」という言葉がありますが、それはプールの管理ではなく、流された男女の認識の甘さに対しての意見だと思います。他のコメントにもありますが、プールにいた男女や観光客の方々が海の怖さをしっかり理解することが大事だと思います。不愉快な思いをさせて申し訳ありません。

      1. せん より:

        丁寧な返信ありがとうございます。途中に他人のTwitterなどはさまっているので、肯定されているように感じましたが、わかっていてくださっているようで、安心いたしました。看板も設置して注意喚起していたのに、無視したのは観光客なのです。そして、巻き込まれたのは正義感の強い地元の人なのです。こういった事故は、全国で起きています。2晩たち、ご家族を思うと私も眠れませんでした。早く見つかってほしい、ただそれだけを考えて朝になってしまいました。
        乙千代の監視は地元の皆さんがボランティアで行っており、プールの利用もシャワー、更衣室、トイレも全て無料です。このような事故で乙千代自体が立ち入り禁止にされてしまうのではないかと不安になっています。釣り場でも、人が亡くなってから立ち入り禁止になり、少しでも人が入ると通報され、警察が来るようになってしまった場所もあります。無謀な人たちのせいで、遊び場が減っていくことも知ってほしいです。
        本当に、観光客の皆さんが海の遊び方(遊び方さえ守れば本当に楽しくて素敵な所なんです)を理解し、ルールを守り、守らなかったらこういったことが起こるということを考慮して、地元の人のことも考えて責任ある行動をとってほしいと切に願います。

  4. 浅沼きょうこ より:

    最後にいたします。
    やはりプールでは無くて
    ため池の海にての事故です
    警察発表は「現地見てない人が
    報告したのを使ってる」
    島民談です。離島の話
    今更報告を変える必要は
    ないのでしょう。警察の発表が
    全て正しくは無いと勉強…。
    でもそれは…もうよいですね。
    本日ダイバーさんのお陰で
    行方不明の方が見つかりました
    ご家族…友人…消防団員のお仲間の
    心痛。…涙です。
    たくさんの人の努力と悲しみの中
    無事に家に帰られました。
    良かったです。
    1度八丈島に来て美しい海を
    みて下さい。合掌

  5. 大澤 より:

    観光客の方、島の人が助けに行かなければ助からなかったんですよ。罪の重さに気づいてください!これから来る観光客の方も今来ている方もそして今回被害に遭われた観光客の方も頼むから島の人を巻き込まないでください、、そのためには海に安全だと完全にわかった上で行ってください。救助に向かった方にも大事な家族や友人仲間がいるんです。もうこれ以上同じ過ちは起こさないで。。

    1. より:

      亡くなった人の気持ちとか考えず、報道を鵜呑みにしてコメントするのはやめましょう。

      1. 大澤 より:

        八丈島に住んでいる現役の高校生です。報道を鵜呑みにコメントなんて一切していません。NHKが流した報道が嘘のことなんて一番知っています。とっくに知っています。何でそんなことをいうのでしょうか、残念です。私はただこの出来事を忘れてはいけないしまた、同じようなことが起きて欲しくないので強く言ってしまいました。悪く思われたなら申し訳ないです。でも、言っていることはみなさんにも考えてもらいたいんです。亡くなった人の気持ちではなく周りの人の気持ちを言ったんです。大切な仲間や家族がいるということを忘れないでほしいんです。同じ過ちを起こさないためにも呼びかけていかなければ変わらないんです。だからこれを読んだ人にも気づいて欲しかった。ただそれだけです、長くなりすいません。

  6. 浅沼きょうこ より:

    前回が最後のつもりでしたが…
    ★さんのお話の
    「報道を鵜呑みにして」は
    現役高校生大澤君の事ではない
    と 思われますよ。
    最初の流れから
    私はそう思いました。
    高校生活楽しんで
    島の海の様な美しい心を
    いつまでも持って居て下さい。

  7. より:

    確かに観光客の認識の甘さや、情報収集不足はあったかと思います。島の方が、仰ることもわかります。
    しかし、観光客も面白半分に命の危険があることが、わかっていて海に近づいたのかは疑問だと思います。見に行ったけれど危険を感じて引き返そうとしたところを、波にのまれたのかもしれません。
    罪の意識は人に言われなくても、生き残った人が、一番重く感じているのではないですか?
    島の方には当然の危機レベルも、観光客には、充分に伝わらないこともあります。以前私も別の島で、向こう側の海は駄目だけど、こっちなら大丈夫と言われ、行ってみたらとても泳げる状況ではなかったこともありました。勿論、一人一人の危機管理も必要ですが、毎年事故があるのであればもう一度、島全体の事故防止対策を検討することも必要かと思います。
    大切な命が犠牲になり、本当に残念で為りません。ご家族の悲しみは計り知れません。しかし、生き残った人もたまたま軽傷であっただけで犠牲者であり、苦しんでおられるのではないでしょうか。
    亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

コメントを残す

*