【井筒親方】元逆鉾の死因と最近の画像は?鶴竜優勝や娘のタカラジェンヌ・天咲千華『げっそり痩せていた』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

逆鉾井筒親方が都内の病院で、死去したという訃報が入ってきました。

 

井筒親方の死因家族)や、最近の痩せた画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








元逆鉾・井筒親方が都内病院で死去 58歳


大相撲元逆鉾井筒親方が58歳という若さで、都内病院で死去したことが明らかになりました。

 

9月場所前から体調を崩し入院していたということですが、昭和の相撲ファンにとては大変寂しいニュースです。

井筒三兄弟といわれ、弟の寺尾関も人気力士でした。

 

大相撲の元関脇逆鉾の井筒親方(本名・福薗好昭=ふくぞの・よしあき)が16日、都内の病院で死去した。58歳だった。秋場所前から体調を崩し、本場所を休場して入院。16日夜に容体が悪くなった。関係者によると、膵臓(すいぞう)がんとみられる。

<出典:日刊スポーツ>

 

井筒親方の死因と支えた家族(妻・子供)は?


井筒親方の死因は、膵臓がんだと言われています。

 

膵臓がんの原因(危険因子)はかねてより様々言われていますが、専門サイトによれば、喫煙・年齢・食事・糖尿病など生活習慣(病)が関係しているということが知られています。

 

特にアルコール摂取が多く慢性膵炎を患っていると、膵臓がんになりやすいとも言われています。

元力士という職業上、若い頃から酒を飲む習慣は多かったのではないかと思われますが何れにしても早すぎる死と言えます。

 

以前、転落してきた力士とぶつかり足を骨折する災難に見舞われたこともあります。

 


井筒親方の家族は上記のような不慮の怪我から、今回の膵臓がんまで一生懸命支えてきたと思われます。

 

井筒親方は現役引退後の1994年に、すでに結婚していたことを明かしており、(おかみさん)の画像はほとんどありません。

ただかなり美人な方という噂はあり、その証拠に、は元タカラジェンヌ・天咲千華として活動していたと言います。

 

 


親子画像はありませんが、娘も偉大な父の死に肩を落としているのではないでしょうか。

 

広告








井筒親方の最近の画像が痩せている

 

井筒親方は9月場所前に入院したと言われていますが、それまでは自身の井筒部屋や相撲協会の仕事はこなしています。

 

最近では弟子の鶴竜が優勝をし、嬉しそうな様子が中継でも放送されました。

 

最近画像はこちらです。

 

 

ただ、いずれの画像も全盛期と比べると痩せており、膵臓がんを患っていたことがいまになればわかります。

 

ネットの反応

 


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

あまりにも早すぎる死去ですが、弟子たちに井筒部屋を盛り上げて親方が心配しないように頑張って欲しいですね。

井筒親方のご冥福をお祈りします。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*