【宮崎県日向市】サーフィン男性2人水難事故の伊勢ヶ浜の波画像がすごい 台風17号接近『捜索する側も命懸け』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮崎県日向市で、サーフィンをしていた男性2人が流される水難事故が発生し、1人が死亡、1人が行方不明となっています。

 

水難事故のあった伊勢ヶ浜海岸場所と、台風17号が接近する波の画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








宮崎県日向市・サーフィンをしていた男性2人が流される水難事故

宮崎県日向市で、台風が接近する中サーフィンをしていた男性2人が沖に流される水難事故が発生しました。

 

このうち1人は救助されましたが死亡が確認され、もう1人は行方不明になっています。

先日も八丈島で荒れる海に近づいて発生した水難事故が起きたばかりで相次ぐ水難事故に、捜索する警察と消防の労力も大変なことでしょう。

 

台風17号の北上に伴って波が高くなっている宮崎県日向市の海岸で、21日午後、サーフィンをしていた男性2人が沖に流されました。このうち1人が死亡したほか、もう1人は行方が分からなくなっていて、警察や消防などが捜索しています。

21日午後3時すぎ、日向市の伊勢ヶ浜海岸で「サーフィンをしていた男性2人が沖に流された」と、警察と消防に通報がありました。

警察や消防などが捜索したところ、福岡県大野城市の会社員、橋迫和文さん(60)が見つかりましたが、死亡が確認されました。また、もう1人の男性は行方が分からなくなっていて、警察や消防などが引き続き捜索しています。

宮崎地方気象台によりますと、台風17号の北上に伴って宮崎県内では波の高い状態が続いていて、21日午後の日向市沿岸の波の高さは4メートルと予想され、波浪注意報が出ています。

<出典:NHKニュース>

 

【八丈島】八丈町樫立・男女2名水難事故の起きたプールの画像が海にかなり近い『危機管理能力とは』

 

水難事故が発生した場所は伊勢ヶ浜海岸画像

 

サーフィンの男性2人が流された場所は、日向市の伊勢ヶ浜海岸だとされています。

 


 

伊勢ケ浜海岸に限らず、宮崎県はいい波がくるということでサーファーの聖地としても人気の観光地です。

 

ただ、台風17号が接近している中のサーフィンということで、大きい波でサーフィンをしたいという思いを抑えることが出来なかったのでしょうか。

 

翌日には延岡市で竜巻被害が発生しました。

【宮崎県延岡市】竜巻発生で車横転やガラス割れる画像・動画がヤバい 延岡駅鉄塔倒れ停電『延岡駅やばい』

 

広告








台風17号が接近した波の画像がすごい

この日日本には台風17号が接近しており、宮崎県でも波が高いことはすでに報じられていました。

 

宮崎県では台風接近はこれからにも関わらず、日中は激しい豪雨で、冠水も確認されています。

 

 

宮崎県のローカルニュースで報じられたこの日の伊勢ヶ浜海岸の波の画像がこちらです。

 

 

白く大きな波がこの画像だけでも一目瞭然です。

 

この波の中サーフィンをした男性らに対して、批判の声もあり、また、捜索する側の心配の声も出ています。

 

 

ネットの反応



最後に

 

いかがでしたでしょうか?

事故にあったのは県外の方でしたので、この日に以前より予定していたのかもしれませんが、自然災害の猛威には勝てませんので、正常な判断で命を守って欲しかったと残念です。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




コメントを残す

*