【多摩川】河川敷で男性倒れ死亡の場所と画像は?原因は首の赤い線が関係?『サイクリングロードの下』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京・多摩川河川敷男性が倒れているのが発見され、その後死亡したことがわかりました。

 

事件なのか自殺なのか不明ですが、倒れていた場所画像、死亡の原因について確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








多摩川の河川敷で男性が倒れているのが見つかりその後死亡

東京・多摩川河川敷で男性が倒れているのが見つかり、その後死亡したことが明らかになりました。

 

自殺か事件かもわかっておらず、不可解ですが、男性は身の回り品も所持していたということで警察が捜査を始めているということです。

 

 

東京・調布市の多摩川の河川敷で男性が倒れているのが見つかり、その後に死亡しました。警視庁は自殺と事件の両面で調べています。

22日午後8時ごろ、調布市の多摩川の河川敷で男性が仰向けに倒れているのを散歩をしていた男性が見つけ、119番通報しました。警視庁によりますと、男性は当初、うなずく程度の意識はあったものの、その後に意識を失い、搬送先の病院でまもなく死亡しました。男性の首には薄い赤い線が残っていましたが、誰かと争って抵抗した痕などはなかったということです。男性は黒の半袖Tシャツにジーパン姿で、腕時計と鍵を持っていました。警視庁は男性の身元の確認を急ぐとともに自殺と事件の両面で捜査しています。

<出典:テレ朝ニュース>

 

男性が倒れていた場所と画像は?


死亡した男性が倒れていたのは、東京都調布市の多摩川河川敷だとされています。

 

 

テレ朝ニュースの映像では、警察官が規制線を張っている場所が下記の画像の付近の可能性が高そうです。

 


やや奥まった河川敷ですので、夜間ともなれば人通りも少ない場所なのではないでしょうか。

また後述のツイッターでは、サイクリングロードの下だとするツイートも確認できます。

 

 

広告








死亡の原因は首の薄い赤い線?

男性が死亡した原因は明らかにはなっていません。

 

しかし、首には薄い赤い線(圧迫痕)があったとされていますので、これが、死亡の原因になり得るかもしれません。

ただ、自身で自殺のために絞めたのか、誰か(犯人)に絞められたのかはわかっていません。

 

腕時計と鍵という、身の回り品を所持していたことから、事件に巻き込まれた可能性は十分にありそうですが、警察の調べを待つしかなさそうです。

 

ネットの反応

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

不可解な状況ですが、警察の調べを待つしかありません。

現場付近を通る際には念の為、十分な注意が必要となりそうです。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*