【和歌山県橋本市あやの台】父親が娘を電気コードで絞める殺人事件の場所と原因・動機が悲しい『ヤバイな』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

和歌山県橋本市あやの台父親電気コードで絞めて殺害する殺人事件が発生しました。

 

事件のあった場所や、犯行の動機原因を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








和歌山県橋本市あやの台・父親が48歳娘を電気コードで絞め殺害する事件

和歌山県橋本市あやの台で48歳のを電気コードで絞めて殺害したとして71歳の父親が逮捕されました。

 

犯行は自宅内で行われており、深夜0時頃に絞めたとされています。

絞めた父親が自ら通報し、逮捕に至っています。

 

長女(48)を殺害しようとしたとして、和歌山県警橋本署は27日、殺人未遂容疑で同県橋本市あやの台の無職、北中春夫容疑者(71)を現行犯逮捕した。「長女の家庭内暴力に耐えられず、首を絞めた」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、同日午前0時ごろ、自宅で電気コードのようなもので長女の首を絞め、殺害しようとしたとしている。北中容疑者が110番し、長女の死亡が確認された。容疑を殺人に切り替え、調べている。

同署によると、北中容疑者は妻(74)、長女と3人家族。

<出典:産経新聞>

 

殺人事件の場所と画像は?

父親電気コードで殺害した殺人事件のあった場所は、和歌山県橋本市あやの台1丁目だとされています。

 

 

自宅内での犯行ですので、父親と娘は同じ自宅で生活していたものと思われます。

ニュース映像からは、2階建ての立派なお宅であることがわかります。

 

広告








犯行の動機・原因が悲しい

いかなる原因動機であっても、人の命を奪ってしまうことはいけませんが、この父親の犯行の動機・原因は非常に悲しいものです。

 

父親は犯行の動機・原因について

 

「長女の家庭内暴力に耐えられず、首を絞めた」

 

と供述しており、娘からの暴力を苦に犯行に及んだことが分かります。

 

死亡した娘くらいの年齢であれば、年老いた両親に親孝行などしてあげても良い年代だとは思いますが、どのくらいの期間暴力を受けていたのか発端は何だったのか、大変悲しい限りです。

父親と住んでいたということから独身かと、想像はしますが(そうでない可能性もある)、一緒に住んでいた容疑者の妻は被害者・加害者の家族(遺族)となり、残された妻も非常に辛い状況であります。

 

ネットの反応

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

とても悲しい原因・動機での殺人事件でしたが、死亡した娘にもなぜ暴力を振るっていたのかその原因を解決できたらよかったのではとも漠然とは感じます。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*