【伊丹空港】保安検査ミスでナイフを持った乗客は誰で画像は?混雑がヤバい『全額賠償させるべき』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪の伊丹空港で、ナイフを所持した乗客に、ナイフを返却してしまう保安検査ミスがあったことが明らかになりました。

 

これにより大混雑となった画像や、ナイフを所持した乗客なのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








伊丹空港でナイフを返却する保安検査ミス


9月26日の朝、大阪の伊丹空港で保安検査場において、ナイフを所持していた乗客にそのナイフを誤って返却してしまう保安検査ミスが発生したことが明らかになりました。

 

この保安検査ミスによって、保安検査がやり直しになる事態となり伊丹空港は大混雑となりました。

 

またこの大混雑によって伊丹空港に到着した飛行機も扉を開けず封鎖されたままで待機するなど多くの乱れが生じました。

 

 

全日空によると、26日午前7時5分ごろ、大阪(伊丹)空港の全日空の保安検査場の係員から「利用客の手荷物からナイフのようなものが見つかったが、誤って返却してしまった」と申告があった。
航空法などで刃物の機内への持ち込みは禁じられており、全日空は保安検査場を通過していた全利用者に対し、再び検査を実施している。大阪府警によると、負傷者などは出ていない。
再検査に伴い、航空便の出発に遅れが生じ、空港内で混乱が起きているという。全日空は、午前9時25分以降、南ターミナルを出発する全便の運航を見合わせている。
全日空などは、係員が利用客に刃物を返却した経緯を調べる。

<出典:産経新聞>

 

保安検査やり直しで混雑する画像がヤバい


ネット上には、伊丹空港保安検査ミスによるやり直しで大混雑する画像の投稿が相次いでいます。

 

ロビーではない場所まで長い行列となっておりその混雑の度合の広さが改めて確認できます。

 

 

 

広告








ナイフを所持していた乗客は誰?


保安検査ミスの発端は、伊丹空港にナイフを所持した乗客が訪れたこととなっています。

 

この乗客はいったいなのでしょうか。

 

 

この乗客は、手荷物の中にアーミーナイフ所持していたと言う事ですが、テロなどの目的で所持していたのか、それとも誤って手荷物にナイフを入れてしまっていたのかその経緯や詳細は明らかになっていません。

 

ナイフを持っていた乗客は40~50代くらいの男性で、保安検査の際に

 

「これはええねん」

<引用元:FNNニュース>

 

と言っていたと言います。

 

この保安検査ミスはミスとして重大ですが、この男性も何を根拠に「ええねん」といっていたのか不明で、画像も明らかではありません。

 

結局、この男性は保安検査のやり直しでも見つからず、すでに搭乗したものとみられています。

これまでに航空機内での事件や、けが人は発生していませんが、この男性が見つかるのか注目していくほか無さそうです。

 

ネットの反応



 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?
ナイフを所持していた男性については既に飛び立ってしまったのか、拘束されたのかすら不明な状況です。
欠航などの影響を受けた方の保障などもしてほしいものです。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*