【館山市】3歳女児殺人事件の父親と一緒にいた女性は母親?犯人は男女か『孫みたいな年』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

千葉県館山市の民家で、3歳女児殺されたとみられる殺人事件が発生しました。

 

事件の発生した空き家となっている民家の場所や、画像犯人は父親と名乗る男なのか、一緒にいた女母親なのかについても確認していきます。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








千葉県館山市で3歳女児遺体 父親による殺人事件か


千葉県館山市3歳女児の遺体が空き家になっている民家から発見されました。

 

公衆電話から通報してきた父親と名乗る男が殺したことを話していることから殺人事件になる可能性が高そうです。

 

理由は何であれ、子供が犠牲になる事件や事故が相次いでおり残念でなりません。

 

 

1日午前3時ごろ、千葉県館山市の公衆電話から「娘の首を絞めて殺してしまった」と父親から館山署に通報があった。約40分後に同市正木の住宅で、駆け付けた警察官が3歳ぐらいの女児の遺体を発見。署は身元の確認を進めるとともに、女児が殺害された可能性もあるとみて、50代の父親と40代の母親から事情を聴いている。
署によると、両親は同県君津市在住。発見現場の住宅は父親の実家で普段は空き家だった。女児は和室にあおむけで倒れていた。警察官が駆け付けた際、両親はこの家にいたという。
県警や県君津児童相談所によると、女児に関する虐待などの情報は寄せられていない。

<出典:共同通信>

事件のあった空き家の民家は父親の実家?


3歳女児の遺体が発見された場所は、千葉県館山市正木の民家とされています。

 

この民家は現在は空き家になっており、周辺の住民もテレビのインタビューに対して子供がいたことすら知らないことを語っています。そんな場所で子供の遺体が発見されたことはショック以外のなにものでもないでしょう。

 

父親と名乗る男が殺害前、もしくは殺害後にこの民家まで運んだ可能性もありそうです。

 

広告








犯人や一緒にいた女性は母親?

通報してきた男は父親と名乗っており、この男の供述通りだとすると3歳女児はこの父親と名乗る男に殺害された殺人事件だと考えられます。

 

また一緒にいた女性は、現在のところ、この3歳女児の母親との見方が強いようです。

いずれ、警察から正確な情報が発表されると思いますが、そうだと確定すれば、抵抗できるわけもない3歳女児は母親に助けてもらえなかったという可能性も否定できなくなります。

 

男女ともに事情を聞かれていることから父親と名乗る男が突発的に行った犯行とは考えにくく、男女が一緒にいた理由は、ともに何らかの事情や動機があったからなのかとも感じます。

 

3歳女児の両親だとすれば、遅くにもうけた子供ということになりますが、なおさらかわいくて仕方ないのではないかと、なぜこんな事件になったのか動機が不思議でなりません。

 

 

父親と母親を逮捕・追記

 

通報したとされる父親と一緒にいた母親を3歳女児殺害の容疑で逮捕したことが報じられました。

 

【館山市】3歳女児殺人事件の両親の動機と母親の犯行時の行動にも絶句『苦しくても道連れはアカン』

 

ネットの反応


 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

幼い子供の虐待や殺人事件、事故などなくなる世の中になることを願ってやみません。

心よりご冥福をお祈りします。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*