【小西ひろゆき】N国立花孝志の突撃動画がすごい 議論拒否の理由は「被災対応」?『逃げないでサシの議論を!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小西ひろゆき議員の事務所に、N国立花孝志氏が突撃した動画が公開され話題になっています。

 

小西ひろゆき議員の事務所に突撃した理由や、突撃後にツイッターを削除した理由を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








小西ひろゆき議員事務所をN国・立花孝志が突撃する

 

ともに何かと話題の、小西ひろゆき議員とN国立花孝志氏が注目の初対決となった動画が話題となっています。

 

これは、立花孝志氏が「あほみたいに子供を産む民族はとりあえず虐殺しよう」「差別やいじめは、神様がつくった摂理だ」と発言した動画が始まりとなっています。

 

 

NHKから国民を守る党の立花孝志党首が、増加する世界人口への対応に関し「ものすごくおおざっぱに言えば『あほみたいに子供を産む民族はとりあえず虐殺しよう』みたいな」と発言していたことが27日、分かった。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された対談で語った。直後に「やる気はないけど」とも付け加えた。

ジェノサイド(民族大虐殺)を想起させる内容で、与野党から批判が出る可能性がある。

日本から貧困国住民への教育支援に疑問を呈し「犬に教えるのは無理。犬に近い。世界中の人間には、それに近い人が圧倒的に多い」などと強調。「ばかな国ほど子供を産む。ばかな民族というか。そういう人々を甘やかしたら、どんどん子供を産む」とも述べた。

別の動画では、人種問題を巡り「差別やいじめは、神様がつくった摂理だ」と発言。同時に「自然でいいんじゃないか。神様がつくった自然だ。人が人を殺したりすることも神がつくったシステムだから」と語った。

<引用元:産経新聞>

 

 

この発言に対し、小西ひろゆき議員がツイッターでツイートをし、これに対し立花孝志氏がリプライをしています。

 

 

立花孝志氏の発言については言い過ぎだとは思いますが、小西ひろゆき議員が意見していること自体は特に問題はないかと思います。

 

お互い相手が悪かったというか、なんとも遭遇してはいけない2人が出会ってしまった気がします。

 

小西ひろゆき議員事務所に立花孝志が突撃した動画がすごい

 

立花孝志氏が公開したと突撃動画がこちらです。

 




突撃した立花孝志氏の度胸というか、行動も毎度ながらすごいと思いますが、小西ひろゆき議員も改めて正々堂々と、議論し論破すればなおいいのではないのかとも思いますが、ネット上でも賛否両論あるようです。

 

広告








小西ひろゆき議員が議論を拒否した理由は?

 

動画では、小西ひろゆき議員が立花孝志議員の議論呼びかけに最後まで応じることはありませんでした。

 

その理由について、動画の中では「被災対応」中であることを理由にしています。

 

千葉県の被災地については

 

上記のように、批判混じりのツイートは多く確認できますが、本来の議員活動を通じては、一般の我々には見えにくいところがあります。

 

ネット上の反応のように、小西ひろゆき議員は逃げてしまったのでしょうか。

それとも改めて、正々堂々と一騎討ちをする時が来るのでしょうか。

 

ネットの反応


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

虐殺発言については、さすがにどうかとも思いますが、小西ひろゆき議員には正論で論破して欲しい気持ちもあります。

正々堂々、お互いの気がすむまで議論してくれることを願います。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*