【神戸】東須磨小学校の教師いじめの内容50項目が酷い 被害届を提出し刑事事件に『壮絶過ぎて』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

神戸東須磨小学校で明らかになった教師いじめで、被害教師が被害届を提出し、刑事事件となった事が明らかになりました。

 

また、弁護士は被害教師が受けた50項目にも及ぶいじめ(暴力)の内容を明らかにしましたが、内容がかなり酷いものとなっています。

いじめの内容について確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








神戸・東須磨小学校の教師いじめが刑事事件に

神戸市東須磨小学校で発覚した、陰湿であまりにもひどい教師いじめ問題。

 

被害を受けた教師が被害届を提出し、刑事事件へと発展した事がわかりました。

すでに、激辛カレー画像や、ボンネットの上に乗る画像は公開されていますが、さらに明らかになったいじめの内容には言葉も出ません。

 

 

神戸市の小学校の教諭らによるいじめ問題で、被害を受けた男性教諭は熱湯の入ったやかんを顔につけられるなどおよそ50に上る悪質ないじめ行為を受けたと訴えていることが分かりました。代理人の弁護士は、11日夕方、警察に被害届を出しました。

神戸市の市立東須磨小学校では、30代の男性教諭3人と40代の女性教諭1人の合わせて4人が、20代の同僚の男性教諭に悪質ないじめを繰り返し、被害を受けた教諭は体調を崩して先月から出勤できなくなっています。

被害を受けた教諭の関係者によりますと、いじめは去年春ごろから始まり、羽交い締めにして激辛のカレーを無理やり食べさせられただけでなく、ドレッシングやキムチ鍋のもとを飲まされたこともあったということです。

また熱湯の入ったやかんを顔につけられたり、首を絞められたりするなどの暴力を日常的に受けていたほか、「クズがしゃべるな」などとひんぱんに暴言を吐かれたとしています。

さらに、買ったばかりの新車にトマトジュースをかけられたり、かばんの中に氷を入れられたりしたなどいじめ行為はおよそ50に上ります。

ことし6月に校長がいじめた教諭を指導したあとにも「おまえが全部言ったんやろ」「こんなんでいじめとは思わんでな」などと言われたということです。

いじめを受けた教諭の代理人の弁護士は、11日夕方、警察に被害届を出しました。
暴行・強要・器物損壊…校長の対応も問題視
被害を受けた男性教諭が訴えているいじめ行為は、およそ50に上ります。

いじめが始まったのは遅くとも去年の春ごろ。男性教諭が赴任して1年ほどたった時期でした。

「新人なので授業を見学させてほしい」と申し出たところ、「来るな、教室が汚れる」などと言われたということです。

男性教諭は、その時期から日常的な暴力行為が始まったと訴えています。

▽平手打ちをされた、
▽蹴られた、
▽首を絞められて呼吸困難になった、
▽関節技をかけられ「痛い痛い」と言ってもやめてくれなかった、
▽熱湯の入ったやかんを顔につけられた、
▽コピー用紙の芯でおしりをたたかれあざができた、などとしています。

去年の運動会のあとの飲み会では、ビール瓶を口に突っ込まれて無理やり飲まされたうえ、飲み終えた瓶で頭をたたかれたこともあったとしています。

そして、去年9月4日午後、学校の家庭科室で、後ろから羽交い締めにされ、激辛カレーを食べさせられたほか、激辛カレーを目にこすりつけられたと訴えています。

さらに、激辛ラーメンを汁まで全部飲まされ、その場にいた教員らは苦しむ姿を見て大笑いしていたということです。

男性教諭の大事な持ち物や車などへの嫌がらせも後を絶たなかったといいます。

▽かばんに氷を入れられ中身がびしょぬれになることが数十回におよび、
▽児童に配付するためのプリントに水を垂らされたり、
▽指導案に落書きされたりしたということです。

▽買ったばかりの新車にトマトジュースをかけられ、
▽中に水をまき散らされたこともあったということです。

ことばによる悪質ないじめも、ひんぱんに行われていました。
▽「出張に行ったら甘いもん買ってくるのが礼儀やろ」と言われ、
▽買って帰ったところ「こんなんで好かれようとするな」と目の前で捨てられたとも訴えています。

▽仕事が終わっていないのに「はよ帰りたいから送れやクズ」と言われるなど何度も送迎を強要されたということです。

▽日常的に名前に「クズ」「ゴミ」などを付けて呼ばれ、
▽仕事上の質問をしても「クズがしゃべるな」などと遮られたと訴えています。

いじめは児童のいる場所でも行われていました。
加害者側の教諭は児童の前で男性教諭の悪口を言い、「学級をめちゃめちゃにしたれ」「言うこときかんでいい」「男子全員ではめて居場所をなくせ」などとけしかけていたということです。

学校側の対応の問題点も訴えています。
去年12月、男性教諭は前の校長と期末面談を行いました。
この中で前校長から、嫌がらせをされていないか尋ねられ、男性教諭は「お世話になってます」と答えると、前校長からは「じゃ、おまえはいじめられてないんやな」と念を押されたとしています。

ことし6月、いじめ行為について見かねた別の教諭から通報があり、現在の校長が加害者側の教諭らを指導しました。
しかしこのあとも「おまえが全部言ったんやろ」「おまえの後ろには校長という偉い人がいる」「いじられてなんぼ。こんなんでいじめとは思わんでな」などと言われたということです。

男性教諭はことし4月ごろから睡眠障害などの症状が出るようになり、夏休みには「2学期が始まったらまたやられる」という気持ちで精神状態がさらに悪化していったということです。

男性教諭の代理人の弁護士は、こうした行為について、強要や暴行、器物損壊にあたる可能性があるとして、11日夕方、警察に被害届を出しました。

<出典:NHKニュース>

 

【東須磨小学校】激辛カレーいじめの理由や画像が酷い 実名公表求める声『不安そうな表情』

 

弁護士が明かした教師いじめ50項目が酷い


被害教師が受けたいじめ50項目にも及ぶとされており、上記NHKニュースで報じられてる以外にも下記のような内容のいじめを受けたとされています。

 

神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、被害に遭った男性教員(25)=療養中=が訴えているハラスメントの内容が2018年度以降だけでも約50項目に及んでいることが関係者への取材で分かった。主な内容は以下の通り。

■直接的な暴力など

・平手打ちや蹴られる(加害教員の一人は毎日のように)

・防犯研修後、関節技をかけられる。「痛い、痛い」と言ってもやめない

・首を絞められて呼吸困難に(複数回)

・膝蹴り(複数回)

・プロレス技で首を締め上げられる

・背中を肘でぐりぐりされる

・足を思いっきり踏まれる

・紙の芯ででん部をフルスイングで殴られる

・印刷用紙が入った段ボール箱をいきなり頭に置かれる

・乳首を思い切りつねられ、数日間あざに

・乳首を掃除機で吸われる

・熱湯の入ったやかんを顔につけられる

・家庭科室で身動きができない状態にされ、激辛カレーを口に入れられる

■器物損壊など

・かばんに氷を入れられ、びしょびしょにされる(少なくとも数十回)

・車に大量の灰皿の水をまき散らされる

・「最近、子どもがトマトジュースにはまってるねん」と言いながら、車にトマトジュースをかけられた

・児童に配布するプリントに水を垂らされる(何度も)

・携帯電話を隠される

・出張前に「出張行ったら甘いもん買ってくるのが礼儀やろ」と言われたので買って帰ると、「こんなんで好かれようとするな」と目の前で捨てられた

・少しダメージ加工のあるジーンズをはいていると、「お前いちびってるから穴広げたる」と言ってビリビリに破かれた

■強要行為

・仕事が終わっていないのに「はよ帰りたいから送れや、くず」と言われ、車で送らされた

・送らされた後、下車するときにドアから出ずに窓から出たり、足でドアを閉められたりした

・無理やり、酒を飲まされる。「もう無理です」と言うと、「ざこいな」と顔を平手打ち

・ビール瓶を口に突っ込まれて飲まされ、飲み終えた瓶で頭をたたかれた

・激辛ラーメンを無理やり食べさせられる。「もう無理です。許してください」と言っても、「汁まで全部飲め」。食後、トイレに駆け込んで苦しんでいると、大笑いされた

・ドレッシング、焼き肉のタレ、キムチ鍋のもとなどを大量に飲まされる

・「太れ」と言って、大量の菓子を口に詰め込まれる

・ラーメン屋で、卓上にあったショウガの汁、酢を水に入れて飲まされる

■嫌がらせ、悪口など

・輪ゴムを顔に当てる

・指導案に落書きされる

・髪の毛や衣服を接着剤、洗濯のりまみれにされ、「こっちの方がかっこええ」

・仕事上の質問をした際、「誰に許可得てしゃべっとん。くずがしゃべんな」

・「性病」「くず」「くそ」「うんこ」「ごみ」などと呼ばれる(毎日)

・「犬」と呼ばれる

・児童に対し「○○先生(被害教員)の言うこと聞かんでいいで」と言われる

・児童に対し「○○先生(被害教員)はセミを食べるねんで」と言われる

・家族や親しい知人の人格を否定するような悪口を言われる

・運動クラブの際、「俺、なんもやらんからお前全部やれ」と言われた

・「お前みたいなやついじってんねんから、感謝しろ」「お前見てたらイライラする」と言われた

・加害行為について現校長の指導を受けた後、「くそやな」「謝るんやったら土下座でもなんでもやったるわ」「お前が全部言ったんやろ」などと言われた

<引用元:神戸新聞ネクスト>

 

もはや、加害教師の感覚が麻痺しているとしか言いようがありませんが、前代未聞の内容に言葉も出ません。

 

被害教員がいじめのきっかけになるような行為があったのかは不明ですが、赴任してすぐに暴言が始まり、校長の始動後にも報復ともみられる言葉もありますのでかなり深刻な状態だった事がわかります。

 

読んでいて辛い気持ちになります。

広告








ネットの反応


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

加害教師らの弁明がほとんど出ていませんし、あまりにも多いのでいくつかは記憶が曖昧で否認する可能性もありそうですが、しっかりと謝罪と反省を望みたいですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*