【湘南新宿ライン】出産しストレッチャー搬送画像 旦那も立ち会い『旦那さんはすごく心配してる』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2019年10月21日夕方、湘南新宿ラインの車両内で、女性が出産したことが明らかになりました。

 

出産時のストレッチャーで搬送される画像や、旦那さんは立ち会っていたのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








JR湘南新宿ラインで女性が出産のため30分運転見合わせ

JR湘南新宿ラインで、妊婦の女性が産気づき車両内で出産する出来事があったことが明らかになりました。

 

女性は車両内で出産し、停車した電車から救急隊によって母子ともに病院へ搬送されたということです。

母子の健康状態は無事だとされていますが、車両内に居合わせた乗客の人たちも想像しない事態に気がかりだったのではないでしょうか。

 

21日午後4時55分ごろ、JR湘南新宿ライン赤羽―池袋駅間の高崎発小田原行きの特別快速(15両編成)の車両内で、乗客の女性が赤ちゃんを出産したことが、JR東日本東京支社への取材でわかった。

JRによると、5号車付近の車内警報ブザーが鳴ったため車掌が対応。「出産しそうな人がいる」との内容だったため、数分後に停車した池袋駅で女性を救護した。女性は既に出産していて、JR側の通報で駆けつけた東京消防庁の救急隊が、女性と赤ちゃんを搬送したという。

<出典:朝日新聞デジタル>

 

出産時のストレッチャー画像投稿される

ツイッター上には出産後、ブルーシートで隠されながらストレッチャーで搬送される母親とみられる女性の画像が投稿されています。

 

画像を見る限りは特に危険な様子は確認できませんが、母子ともに病院で診察などうけていることでしょう。

 

出産した車両画像はこちらです。

 

 

ただ、投稿された画像は、女性の顔が加工なしに映り込んでいるためプライバシーに配慮し当ブログでは掲載しません。

 

この投稿には、削除要請するリプライや、取材を申し込むマスコミのリプライが相次いでいます。

 

広告








旦那さんが心配そうに見守る 医者の呼び出し放送も

出産時には異変に気付いた乗客が警報ブザーを鳴らしたとされています。

車両内では、医者の呼び出しがあり、また、出産時には、旦那さんとみられる男性が近くで心配そうに見守っていたとのツイートもあります。

 

 

上記の情報が事実であれば、旦那さんも気が気じゃなかったことは言うまでもありません。

こんなときに、男性はどうしていいのかわからず、女性の偉大さを感じるのかもしれません。

 

でも女性にとっては旦那さんが一緒にいてとても心強かったことでしょう。

 

ネットの反応


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

思いがけない命の誕生に、生まれた赤ちゃんと両親、周りの乗客にとっても忘れられない出来事だったことでしょう。

ご出産おめでとうございます。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*