【徳井義実】株式会社チューリップの資産額は?4月にはエンジェル投資家に『こんくら差し替えかも』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

吉本興業のお笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実さんが設立した会社が、所得隠し申告漏れを指摘されていたことが明らかになりました。

 

徳井義実さんの設立した会社「株式会社チューリップ」について、所得隠し(脱税額)から活動や実態を、また徳井義実さんが私的に使用したとされる旅行や洋服など、画像はあるのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








徳井義実が設立した会社が所得隠しと申告漏れを指摘される


吉本興業の人気お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実さんが自身が設立と会社の所得隠し申告漏れを東京国税局から指摘されていたことが明らかになりました。

 

吉本興業の所属芸人としてしか認識していない私たちにとっては、徳井義実さんが会社を設立していたことや所得隠しをしていたことなど驚きの内容です。

 

しかも所得隠しに関しては、徳井義実さんの私的なお金の使い方も関係していたとあって、またしても吉本芸人のお金に関するトラブルと言えそうです。

 

 

お笑いコンビ 「チュートリアル」の徳井義実(44)さんが設立した会社が、東京国税局から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたことがFNNの取材でわかった。

関係者によると 徳井さんは、所属する吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを本人が個人として設立した「株式会社チューリップ」を通して受け取っていたが、2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上していた。

東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万円の所得隠しを指摘した。 また、2016年から2018年までの3年間は収入を全く申告しておらず、徳井さんに対し約1億円の申告漏れを指摘した。重加算税等を含めた追徴税額はあわせて約3400万円にのぼるとみられる。 徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませている。

所属事務所の吉本興業は事実関係を確認している。

<出典:FNNニュース>

 

【徳井義実】チューリップの税理士は誰?経理担当おらず決算契約?『無知とかありえない』

【徳井義実】社会保険未加入の理由と病院はどうしていた?活動自粛で発覚『まだまだこれから出てくる』?

 

徳井義実の会社は株式会社チューリップの脱税額がすごい 資産額は?


東京国税局に所得隠しと申告漏れを指摘されたのは、徳井義実さんが設立した「株式会社チューリップ」と言う会社だとされています。

 

吉本所属芸人と言う認識しかない人も多いのではないでしょうか。

 

徳井良美さんと言えば、しゃべくりセブンなど人気番組のレギュラーを複数持っていますがすでにこのような個人の会社を持っていたと言う事は大変驚きです。

 

これまで徳井義実さんは、この株式会社チューリップについて全く公言した事はありませんのでネット上にもこの会社についての情報は全く確認できません。

 

 

設立した時期についても不明ですが、M1グランプリで人気芸人として頭角を現し、R-1グランプリ等にピン芸人としても活躍の場を広げたり、家電芸人としても活動を始めましたので、この頃から、相方の福田さんとはギャラ事情も異なっていたでしょうからこのような会社を設立した可能性もあります。

 

株式会社チューリップとの関連は不明ですが、2019年4月には、ペットテック企業のシロップに“エンジェル投資家”として参画したことも話題となりました。

 

徳井氏の中では「ビジネスライクには考えていないし、あまり『投資!』という感覚も持っていない」そう。純粋に、SNSなどを活用しながらシロップの想いや取り組みを少しでも多くの人に届けていきたいという。
徳井氏は今回の出資を機にシロップのCAT(Chief adoption, TOKUI)に就任している。「adopt」(アダプト)は保護犬・保護猫に関して使う際、「里親になる」ことを指す。日本に保護犬猫から迎える文化をつくることで、犬や猫、そして共に暮らす人達のペットライフをより豊かにするべく、今後共同で情報発信やサービス開発に取り組む計画だ。
「イメージとしては広報担当のような役割。もちろん芸人としての顔が本業なのでそことのバランスはあるけれど、力になれることがあれば積極的にチャレンジしていきたいと思っています。発信力のある一般の飼い主として、飼い主の目線で企画を考えたり、情報を届けていきたいです」(徳井氏)
まずは共同プロジェクトの第1弾として、読者参加型の連載小説「徳井義実の『猫と女』」をペトこと上でスタートする。
これは猫と一緒に写っている女性の写真1枚を読者から募集し、徳井氏がその女性と猫の物語を妄想する短編読み切りの連載小説企画。水面下では他にもいろいろなアイデアが出ているようで、今後も徳井氏×シロップならではの企画が次々と生まれていきそうだ。

出資をすることで踏み込んでやれることもある
少し余談になるけれど、昨今、海外では芸能人がスタートアップに投資する「セレブ投資」が珍しくなくなってきた。有名どころだと共同で立ち上げたベンチャーファンドを通じてAirBnbやUberなどに投資をしている俳優のアシュトン・カッチャーのほか、レオナルド・ディカプリオやジャスティン・ビーバーらも新興企業への投資経験がある。
日本だとお笑い芸人ではロンドンブーツ1号2号の田村淳氏がBASEやProgateなどに出資。最近ではサッカーの本田圭佑氏が投資家としてスタートアップの資金調達記事に名前を連ねることも増えてきた。
徳井氏は以前から“家電芸人”として新しい機器の情報をバラエティ番組で紹介したり、AIの仕組みを解説する教養番組で司会を勤めたりもしている。だから今回の話を聞いた時、もしやこれからエンジェル投資をバリバリやっていくのかと思ったのだけど、今のところはそういう訳でもないようだ。
「ものすごく自分が興味があったり、ちょうどやりたいと感じることであればあり得ると思いますが、現時点ではあまり積極的にやっていこうとは考えていません。やっぱり芸人としてネタを考えること、創作をすることに少しでも多くの時間を使いたいんですよね」(徳井氏)

「(それでも今回シロップに出資を決めたのは)それだけ自分としても『何かやりたい』という想いが強く、考え方に共感できたから。出資をするということは責任も生じるし覚悟もいりますが、そうすることで一歩踏み込んでやれることもあるんじゃないかなと思うんです」(徳井氏)
徳井氏自身が広報担当のような役割を担いたいと話し、CATに就任しているように、今回の取材を通して「1人のメンバーとしてシロップの考え方を多くの人に届けていきたい」という気持ちが強いのだと感じた。
日本のスタートアップ界隈も起業家・投資家ともに色々な人が関わるようになり、エンジェル投資の形も多様化してきている。今回の徳井氏のケースのように、今後さらにスタートアップコミュニティの輪が広がっていきそうだ。

<引用元:https://jp.techcrunch.com/2019/04/24/tutorial-tokui-syrup/>

 

株式会社チューリップとして順調に資産を蓄えていたのであればこのような投資に力を注ぐことも可能だったでしょう。

 

こういったことから、金額は不明ながらも、かなりの資産を蓄えていたのではと想像してしまいます。

 

もちろん、真実は徳井さんしか分かりませんが。

 

【徳井義実】引退の噂とする必要がない理由 スピードワゴン小沢のツイッターに『救ってください』

広告








徳井義実が購入した洋服や旅行の画像は?


今回の所得隠しでは徳井義実さんが、旅行や洋服、アクセサリーに使用した金額が経費として計上されていたとされています。

 

実際にどこへの旅行なのか、購入した洋服やアクセサリー等については画像など明らかになってはいません。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuji Ayabe

徳井 義実さん(@tokui_yoshimi)がシェアした投稿 –

 

 

ただ使用した時期は明らかですので、それ以降テレビ出演や自身のSNSなどにその様子や画像が出た可能性はありそうです。

 

現物については、今後新たな情報を待つしかなさそうです。

 

ネットの反応

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

順風満帆に活動していた徳井義実さんですが、早速今夜放送の「今夜くらべてみました」など今後の出演番組がどうなっていくのかも気がかりです。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*