【ミキ】京都市PR契約ツイートと実際にもらった金額は?『吉本の取り分いくらなんやろ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京都市が吉本興業のお笑い芸人・ミキとツイート1回で50万円というPR契約をしていたことで物議が広がっています。

 

実際のミキのツイートともらった金額、3つの問題点を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








京都市が吉本興業・ミキとツイート1回50万円のPR契約


 

京都市が吉本興業の人気お笑い芸人・ミキとツイート1回につき50万円を払うPR契約をしていたことが明らかになりました。

 

ミキはこれまで、自身のツイッターで計4回のPR目的のツイートをしておりすでに200万円支払われたとされています。

 

宣伝であることを明らかにせず、契約内容を明らかにしないまま税金がこれに投入されたと言う点など、複数の問題がありそうで、ネット上でも物議をかもしています。

 

 

京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート(つぶやき)1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かった。ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はなかった。市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としている。

「京都国際映画祭」などのPRが目的
 市は18年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、同年度によしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を結んだ。契約書などによると、同社所属タレントが「京都市盛り上げ隊」として映画祭や市の重要施策を周知するとの内容で、ツイッターなどで20万人のフォロワー(登録者)を持つタレントが2回にわたって発信することが盛り込まれた。ツイートの料金は1回50万円、計100万円だった。

吉本興業側と京都市の契約イメージ
 昨年10月、京都市出身の人気漫才コンビ「ミキ」の2人が2回にわたって計4本ツイートした。「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」と記述したツイートでは「京都市ふるさと納税」などのハッシュタグ(検索目印)の他、制度を紹介するリンクが張られていた。別のツイートでは京都国際映画祭や市営地下鉄をPRした。
「誤解を与える手法」真山達志教授
 同志社大の真山達志教授(行政学)は「市民感覚からすれば地元タレントが地域貢献でツイートしたと考え、報酬が発生しているとは思わないだろう。公金の使い方としては驚く額で、自治体の広報としては誤解を与える問題のある手法だ」と話す。
 京都市市長公室は「普段は市の情報が届かない若者らにタレントの発信力で伝えることが主眼で、盛り上げ隊としての活動の一つ」としている。吉本興業の広報担当者は「(公金の使い道については)市の事業なので判断する立場ではなく、金額は十分に見合うものだ」としている。

<出典:京都新聞>

 

実際にミキがPRしたツイート画像と貰った金額は?

 

実際にミキが京都市についてのツイートは複数ありますが、共通のハッシュタグなどから、以下の画像のツイートが契約ツイートの可能性がありそうに感じます。

 

 

ツイートのリプ欄には、人気芸人だけあってファンから好意的なリプライが寄せられています。(その時点では今回のようなPR契約は明らかにされていなかった)

 

兄弟揃って、同様の構図でのツイートですので今になって見てみれば不自然と言われれば不自然に感じます。

 

 
また、2人で合計4回のツイートをしていますが、京都市から200万円が支払われた計算になります。
 

しかし間には吉本興業があり、もしかしたらさらに代理店等が入っている可能性もあります。

 

だとすれば、実際にミキの手元に入ってきた、ミキがもらった金額はかなり少ない金額であろうと考えられます。

 

 

なぜか、ミキの2人が炎上したような形になっておりなんともかわいそうです。

広告








物議を醸した3つの問題点


 

今回のPR契約で著名人や指揮者の方々が複数問題点を挙げていらっしゃいます。

 

PR契約を明示していなかった


 

ステマこと、ステルスマーケティングに対しては多くの一般の方々が不快感を持っていると言われています。

 

つまり、戦略の1つであることを明示することが求められており、WOMマーケティング協議会が定めた「WOMJガイドライン」を守ることが求められています。

 

吉本興業も京都市も問題としていない


 

記者の取材に対して、京都市と吉本興業はともに現時点では問題ないとする回答しています。

 

 

ツイート1回の金額が高くて税金


 

契約を明示していなかったと言う事は、当然ながら京都市民も自分たちの税金がこのようなツイートに支払われていることを知らなかったと言うことに他なりません。

 

 

ネットの反応




 

 

 

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?
 

たとえ契約内容に問題がないとしても、税金を投入しておりますので市民への周知が必要ではないかと思います。

 
最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*