【一宮市】浅井中小学校で誤って催涙スプレーが噴射された原因は?防犯用か物議『どういう状況』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

愛知県一宮市浅井中小学校で、誤って催涙スプレー噴射されて14人が搬送されたことが明らかになりました。

 

催涙スプレーが噴射された原因や、なぜ催涙スプレーが小学校にあるのかネット上では物議が広がっています。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








一宮市・浅井中小学校で誤って催涙スプレーが噴射され14人搬送

愛知県一宮市浅井中小学校で、誤って催涙スプレー噴射され14人が搬送されるという心配なニュースが報じられました。

 

催涙スプレーといえば、防犯用グッズとして認識していると思いますが、催涙スプレーがなぜ小学校においてあったのかなぜ噴射されたのか原因にも疑問の声が相次いでいます。

幸い搬送された14人の症状は軽いとされています。

 

29日午前、愛知県一宮市の小学校で誤って催涙スプレーが噴射され、児童13人と教員1人が「気分が悪い」などと訴えて病院に搬送されました。症状は軽いということです。

29日午前11時50分ごろ、愛知県一宮市浅井町の浅井中小学校から「誤って催涙スプレーが噴射された」と消防に通報がありました。

消防によりますと、4年生の男子8人と女子5人、女性教諭1人の合わせて14人が「気分が悪い」などと訴えて病院に搬送されました。

いずれも意識はあり、症状は軽いということです。

学校によりますと、4年生の教室に置いてあった防犯用の催涙スプレーが誤って噴射されたということで、警察や消防が詳しい状況を調べています。

<出典:NHKニュース>

 

浅井中小学校の場所・画像と噴射された原因?

催涙スプレーが噴射されたのは、愛知県一宮市浅井中小学校だとされています。



学校ホームページ

 

噴射された原因としては、子供の誰かがふざけ半分で使っていた可能性や、けんかなど保身用に忍ばせていた可能性などいろいろ考えられますが、小学校という誰しもが安全と思っていた場所で起きてしまったことは本当に驚きと残念です。

広告








なぜ小学校に催涙スプレーがあるのか物議広がる

 

学校ホームページには、当日(10月29日)の学校行事の紹介もありますが、防犯教室など催涙スプレーの出番がありそうな行事も確認できません。

 

ネット上でも、搬送された教師や児童に対する心配とともに、

 

  • なぜ小学校に催涙スプレーがあるのか
  • 誤って催涙スプレーが噴射される状況とは

 

という点に、疑問の声が相次いでいます。

 

一宮市の学校には常備しているのか、教師や児童がもちこんでいたのかしっかり調べて行くことが必要でしょう。

 

ネットの反応


 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

小学校に防犯用として常備しているのなら、一宮市教育委員会も把握してるかもしれませんが、教師や生徒が個人的に持ち込んだものなのかも気になります。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*