【ドクター田中】死因と最近の画像 モダングレイでも活動『独特の雰囲気とハイトーンボイス』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

すかんちのキーボード担当、ドクター田中さんが死去したと言う訃報が飛び込んできました。

 

ドクター田中さんの死因と、最近画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








すかんち・ドクター田中さん死去


 

90年代に人気を博したロックバンド、すかんちのキーボード担当されていたドクター田中さんは57歳の若さで死去したことが明らかになりました。

 

ドクター田中さんといえばキーボード担当ながら、ソロ曲ではハイトーンボイスが印象的な方でした。

 

すかんちは他のメンバーも相次いで死去や重病を患うなど一線を退いたその後がすごいことになっています。

 

ロックバンド・すかんちのキーボード担当のドクター田中こと、田中尚人さんが亡くなったことが29日、分かった。同バンドのROLLYが公式HPで発表した。

 ROLLYは「すかんちのメンバー、ドクター田中こと、田中尚人氏が先週、57歳という若さで永眠されました。これまで応援してくださった皆さま、ありがとございました。謹んでお悔やみ申し上げますと共に、故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます」とつづり、訃報を伝え、田中さんの写真をアップした。

 すかんちは90年にメジャーデビュー。「恋のマジックポーション」がバラエティ番組のテーマ曲に使われ注目を浴びた。

<出典:デイリー>

 

ドクター田中さんの死因は?

 

ドクター田中さんの死因は速報では明らかにされていません。

 

すかんちといえば、上述の通り他のメンバーの壮絶な人生を送っていることが知られています。

 

ベースのしまちゃんは、2009年に自宅階段で転倒し脳挫傷と脳内出血という重傷を負い、現在も車椅子生活を送っているとされています。

 

2014年には4月から体調を崩していた小川文明さんが、その後死因は不明ながらも死去されています。

 

ドクター田中さんは57歳という若さですし、後述の最近の画像でも比較的元気そうには見えますので、他の原因で死去した可能性も頭をよぎりますが、公表しない理由があるのかもしれません。

 

広告








ドクター田中さんの最近の画像は?


 

ドクター田中さんは、1993年にすかんちを脱退した後は、あまりその活動を知られていませんが、1994年のインタビュー記事では、モダングレイというバンドのサポートをしています。

 

「ソニーの新人の女の子に曲書いたり、ラヴミサイルのデモ作りに参加したり、あと第三世代ゲーム・メディアのソフト制作会社の音楽ブレーンとか」

<引用元:音楽と人>

 

ともこたえており、音楽に関わる仕事は続いていたようです。

 
ドクター田中さんの最近画像としては、2017年にライブにゲスト出演する告知での画像があります。
 

 

 

まだまだ、音楽をファンに届けて欲しかったですね。

 

ネットの反応



 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?
 
ローリーさんも次々と仲間との別れに悲しい最中だと思います。
 
心よりご冥福をお祈りします。、
 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*