【首里城】火災原因に自然発火がトレンド入り『自然発火はないやろ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

沖縄県の首里城火災により正殿と北殿が全焼し焼け落ちたと発表されました。

 

ネット上では、ソース不明の「自然発火」と言うワードがトレンド入りし、火災の原因となり得るのか投稿が相次いでいます。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








首里城の正殿と北殿が全焼で焼け落ちる


 
沖縄県のシンボル「首里城」が10月31日未明の火災で、正殿と北殿が全焼しました。

 

あまりにも変わり果てた首里城の姿に、沖縄県民ならずとも深い悲しみを覚えます。

 

政府も早速復旧動き始めていますが、今回の火災の原因がはっきりしておらず情報が錯綜しています。

 

 

沖縄の代表的な観光スポットで、沖縄の人たちにとって聖地でもある首里城の火災に、沖縄の人たちは大きなショックを受けている。

 那覇市消防局によると、午前2時40分ごろ、首里城の警備員から「黒煙が上がっている」と119番通報があった。正殿が全焼し、隣接する北殿と南殿も全焼した。建物はいずれも木造。飛び火により、近くの県立芸術大学の雑木林の木にも燃え移っているという。
 市消防局は、那覇市周辺の消防局にも応援を要請し、これまで20台以上の消防車が出動し、100人近い隊員が消火活動にあたっている。けが人や逃げ遅れなどの情報は入っていない。
 首里城では首里城祭が開催中だが、出火当時、関係者がいたかどうかは不明だという。
 首里城に隣接し、正殿などが見える龍潭(りゅうたん)池の周りには近所の人や報道陣が殺到した。炎を上げる首里城を見ていた近くの宮里トヨ子さん(84)は「私たちにとって首里城は神様みたいな存在。涙で言葉が出ない」と声を震わせた。
 首里城近くで育った首里高校2年の宮城風花さん(17)はこの日朝、「守礼の門」近くまで様子を見に来て、あふれる涙を抑えられなかった。城内は「家」のような身近な存在で、遊び場だった。「遊んでいた所が全部燃えた。思考が追いつかない」と話した。

<出典:朝日新聞>


 

【首里城】正殿の火災 原因「放火では?」憶測相次ぐ 画像・動画まとめ『火の粉が尋常じゃない』

中学生の焚き火が火災の原因?


 

首里城の火災を報じた、TBS「あさチャン」の中継の中でリポーターによれば、首里城の近くで12時ごろ(深夜0時)中学生が焚き火をしていたという情報が、付近の住民からあったと伝えられました。(ただし火災の原因との関連は不明)

 

この中学生の焚き火は、首里城裏手だったとされています。

 

自然に考えれば、焚き火程度の炎でここまでの大規模な火災になり得るとは考えにくいですがもしもこれが本当の原因だとすれば、その中学生やその家族等あまりに大きな被害に言葉を失っている事でしょう。

 

繰り返しますが、火災の原因との関連は不明ですので情報の取り扱いには充分ご注意ください。

 

広告








火災の原因として自然発火がトレンド入り

 

また、報道各社のソースには全くないキーワード、「自然発火」がトレンド入りしています。

 


 

この自然発火についても、同様にあれほどの大規模災害になり得るとは一般人の感覚では考えにくいことです。

 

いずれにしてもあまりに大きな遺産の喪失で、深い悲しみの念を禁じえません。

 

ネットの反応


 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?
 

いずれの原因にせよ、首里城が再びその全貌を公開できるまでに復元するにはかなりの年月が必要と考えられます。本当に悲しい火災となりました。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*