【白川郷】火災の画像・動画の炎と一斉放水がすごい 原因は工事中?『世界遺産ばかり』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

岐阜・白川郷火災が発生し、画像動画の投稿が相次いでいます。

 

火災の画像・動画と、火災の原因一斉放水を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








岐阜・白川郷で火災の情報相次ぐ


岐阜県の世界遺産・白川郷火災が発生し、現地ユーザーが火災現場の画像動画を投稿しています。

 

懐かしい雰囲気と合掌造りの建物が訪れる人を和ませる白川郷ですが、一旦火災になるとその家屋は一瞬にして炎に包まれることを痛感させられる画像です。

また、一部のユーザーからは、燃え移らないように一斉放水が始まっているともされています。

 

首里城の火災から間もないですので最小限に治ってほしいと思います。

 

火災が発生した場所と画像と原因は?

 

火災が発生したのは、白川郷の駐車場近くの建物だとされています。

 

 

後述のツイッター画像などから判断すると、こちらの建物の火災の可能性が高そうです。

 

速報レベルでは原因は明らかになっていません。

 

しかし、火災のあった建物は「工事中」の看板が立てかけられていましたので、何らか電気系のショートなどの原因の可能性は否定できません。

 

これ以上の世界遺産の損失は避けたいところです。

 

広告








火災の炎と煙がヤバい

 

ネット上には、現地画像動画の投稿が相次いでいます。

 

 

 

投稿画像にもあるように、白川郷ではその建物の材質などの特徴から、火災が発生し延焼しやすい地域と言えます。

 

この世界遺産を守るためにほとんどの建物が放水をする一斉放水で、火災から白川郷を守るようにできています。

 

世界文化遺産に登録されている白川郷(岐阜県白川村)で27日、合掌造りを火災から守るための一斉放水訓練があった。
集落内に設置された59基の放水銃の点検を兼ねて、地域住民らが年に1回行う恒例行事。サイレンに合わせ、放水銃から勢いよく水が噴き出すと、いくつもの水のアーチが集落を覆っていた

<引用元:朝日新聞>

 

10月27日にその訓練を行ったばかりでしたので、訓練の成果が出て、最小限に食い止めることができたのではないでしょうか。

ネットの反応


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

白川郷を訪れる様子のある方は十分に情報をご確認した方がいいでしょう。

けが人などについては不明ですが、乾燥する時期になりますので、私たちも火の始末はしっかりとしましょう。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*