【Zepp】JR西金沢駅前建設で治安悪化の理由はロック=不良?『住民が反対する気持ちは解る』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

石川県のJR西金沢駅前にライブホールのZepp建設をめぐって行われた、住民説明会が行われました。

 

住民側からは治安悪化を心配する声があがっており、その理由や、考え方が老害だとしてネット上で賛否上がっているので確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








JR西金沢駅前のZepp建設に関する住民説明会で溝

石川県のJR西金沢駅前にライブホールZeppを建設する予定があり、建設に関する住民説明会が行われました。

 

建設予定地周辺に住む住民からは「治安悪化」「騒音」を懸念する声が多く上がり、協議で解決とはならず溝が埋まらなかったとされています。

Zeppのみならず、ライブハウスが建設されれば、特にロック=不良の音楽という感覚は根強く残っている人もいるかもしれませんが、渋滞やマナー問題など、決して考え方が老害という言葉だけでは済まないかもしれません。

 

JR西金沢駅前で計画されているライブホールの建設をめぐり、開発業者が住民対象の説明会を開きました。しかし両者の溝は埋まりませんでした。

JR西金沢駅前の空き地で建設が計画されているライブホール「Zepp」。新たな賑わいづくりへの期待の声が上がる一方、建設予定地の近くに住む住民は治安の悪化や騒音を理由に計画に反対しています。

事業者の西松建設が4日開いた住民への説明会。周辺3つの町会や商店街などから120人が参加しました。

<住民側(説明会で)>
「治安が悪くなると思う。子どもを大事に育てたいので、何かあったらどう責任をとってもらえるのか?」

<西松建設側(同)>
「警察とは正直、ライブホールができるから治安が悪くなるという協議にはなっていない」

西松建設の担当者:
「出来上がった後の不安の声がほとんどだった。納得してもらえるような施設を目指していきたい」

住民:
「住民のことを考えていないんだなと感じる。溝は逆に深くなった」

事業主は2021年の開業を目指していますが、住民との溝が埋まる道筋は見えていません。

<出典:石川テレビ>

 

Zeppの建設予定地と画像

 

Zeppが建設されるのはJR西金沢駅前の空き地だとされています。

 



この空き地から、西金沢駅周辺を活性化しようというのが目的です。

 

北陸新幹線開業にともなう、観光需要も目的としていることはいうまでもありませんが、以前はJT金沢工場があったとされています。

その後スーパーの建設予定の話もありましたが、土地を売却し白紙となった経緯があります。

 

広告








治安悪化の理由は「ロック=不良」?

 

ネットニュースが報じられると、ネット上ではZepp建設で「治安悪化」を心配している住民に対し批判めいた意見が相次いでいます。

 

 


住民説明会の画像に若者の姿があまりなく、これまで住んできたとみられる高齢者の姿が多いことも「老害」とされてしまう一因かもしれません。

 

反対の理由は、昭和の「ロック」は不良が聴くものという考えで本当に反対したのでしょうか。

 

「治安悪化」とまではいかずとも、反対の意見に賛同する意見もかなり多いようです。

 

 


 

渋谷のハロウィンのように、これまで静かに暮らせていた場所に、ライブの日に大勢の客がくることに免疫ができていない住民の方達にとって「治安悪化」と感じるのも無理はないように感じます。

 

ネットの反応


 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

一部の意見にあった、この立地で集客が見込めるのか、またライブ時間なども十分に検討を重ね住民の人たちと納得いく結果に持っていって欲しいですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*