【動画】佐野史郎のガキ使での骨折事故原因・液体窒素ペットボトルの衝撃がヤバい『笑えない』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

俳優の佐野史郎さんが、「ガキ使」年末特番で骨折するけがをしていたことが明らかになりました。

 

骨折事故原因となった液体窒素ペットボトルの衝撃動画を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








佐野史郎が「ガキ使」年末特番ロケで骨折する事故

 

俳優の佐野史郎さんが、日本テレビ系年末恒例の「ガキ使(ガキの使いやあらへんで)」特番の撮影中に骨折するけがをしていたことが分かりました。

 

佐野史郎さんといえば、コメディーからサスペンスまでマルチに活躍される個性派俳優の筆頭とも言うべき方ですが、64才と言う年齢を考えると、番組制作時に安全確認をしていたのかということが問題になってきそうです。

 

幸い、佐野史郎さんは番組の趣旨を理解してか、放送されることを願っているようですが大晦日の放送時に、視聴者が笑ってくれるかとどうかは微妙かもしれません。

 

 

日本テレビは7日、俳優の佐野史郎(64)が6日午後8時ころ、茨城県で行われた同局系特番『ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)』(12月31日放送予定)のロケ中に、「第三腰椎骨折」のけがを負ったことを発表した。医師の診断では全治2ヶ月の治療を要する見込みという。

佐野の怪我について同局は「佐野さんが液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮く、という企画に挑戦した後、腰に痛みを訴えたため、ただちに病院で診察を受けました」と説明。症状について「手術は必要なく、およそ2週間の安静の後にリハビリテーションを行い、現時点では全治まで約2ヶ月の治療期間を要する見込み」と明かし、佐野の今後の仕事については「医師の指導に従い回復の具合をみながら、徐々に復帰していくとのことです」と報告した。

同局は「けがをされたことについて、佐野さんをはじめ、関係者の皆様にお詫び申し上げます」と謝罪。ロケに際し「専門家の指導の下、事前に実験を重ねるなど、安全に配慮」していたが、「出演者がケガをした事実を重く受け止め、今後はより一層、ロケなど番組制作において安全対策に万全を期してまいります」とした。

佐野は「安静にということで、入院中ではございますが、当面のお仕事に対しましては順次対応させていただきたいと存じます」と現状を伝え、「番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております」と呼びかけている。

同番組は、ダウンタウンのレギュラー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(毎週日曜 後11:25)の年末特番として、2006年より毎年大みそかに放送。昨年まで9年連続で民放テレビ局の大みそか特番で視聴率トップとなっている。

■佐野史郎コメント

この度は、「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)」の収録に際し、第三腰椎骨折というけがをしてしまい、番組スタッフ、キャストのみなさんはじめ、関係者各位のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたしました。

安静にということで、入院中ではございますが、当面のお仕事に対しましては順次対応させていただきたいと存じます。

なお、番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております。

人間万事塞翁が馬。

今回のことを糧に、より精進して参りたいと存じます。

今後ともよろしくお願いいたします。

令和元年十一月七日

佐野史郎

<出典:オリコンニュース>

 

佐野史郎とガキ使年末特番の内容

 

佐野史郎

本名 佐野 史郎
生年月日 1955年3月4日(64歳)
出生地 日本の旗 日本・山梨県山梨市
出身地 日本の旗 日本・島根県松江市
身長 176 cm
血液型 B型

医師である父親がインターン勤務で山梨にいた関係で山梨市に生まれる。佐野家は島根県松江市で代々続く医家。生後間もなく東京都世田谷区に移り、のち練馬区に転居。7歳の時に父親が松江の実家(医院)を継ぐため郷里の島根県松江市に引っ越す。島根大学教育学部附属中学校を経て島根県立松江南高等学校卒業。上京後、美學校の中村宏油彩画工房で絵を学ぶ。1975年、劇団「シェイクスピア・シアター」に創設メンバーとして参加。1980年、唐十郎主宰の「状況劇場」に移り、1984年まで在籍。1986年に林海象監督の一般公開デビュー作となる『夢みるように眠りたい』の主役で映画に初主演した。1992年、『ずっとあなたが好きだった』の桂田冬彦(冬彦さん)を演じたことで広く知られるようになり、「冬彦さん=マザコン」となるほどのブームを生んだ。冬彦役の影響から、「知的ながらもどこか狂気を宿した演技」での起用が多いが、正統派演技からコミカルな演技まで幅広くこなす。『世にも奇妙な物語』シリーズには初期の頃から出演しており、実質準レギュラー的存在である。1995年からは竹内銃一郎と隔年活動の演劇ユニット「JIS企画」を組んで、本多劇場をメインとして活動していたが2004年から活動を休止している。2018年、『限界団地』で連続テレビドラマ初主演を果たした。

<引用元:ウィキペディア>

 

ガキ使・笑ってはいけないシリーズ

本シリーズは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』のレギュラー放送の罰ゲームコーナーとして始まったものであり、初期は松本人志と浜田雅功による対決企画で負けた方が罰ゲームを受ける様子を主軸としていた。後に対決企画は山崎邦正(現:月亭方正)やココリコといったレギュラー陣を巻き込むようになり、その中で2003年に放送した罰ゲーム『絶対笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅』が人気を博した結果シリーズ化され、『警察』以降は大みそかの年越し番組として放送されるようになった。また、『病院』以降は全員参加企画へ移行した。本シリーズでは、テーマに合わせたシチュエーションで昼夜に渡る収録を行うが、収録中に参加者は何があっても絶対に「笑ってはいけない」。もしも笑ってしまった場合は、その場で罰を受ける。笑ったら罰を受けるというアイデアは、松本が発案したものである[1]。また、ダウンタウン元マネージャーの藤原寛が進行役として参加者に同行し、メンバーに対して上から目線かつタメ口で喋る。本シリーズは『ガキ使』内の企画でも人気・知名度がかなり高くDVD化もされており、売上は『ガキ使』のDVDの中でも上位に入っている。ただし、DVD版は音楽著作権の問題から一部の日本国外の曲(t.A.T.u.やマイケル・ジャクソン、『スター・ウォーズ』の曲など)が別の曲に差し替えられている(後述参照)。ロケ日は毎年11月第1火曜日に行うまた、日本テレビの主催で毎年夏に開催されるイベント『超☆汐留パラダイス!』(旧『GO!SHIODOMEジャンボリー』、『汐博』)では、本シリーズにちなんだアトラクションが行われる。2015年12月よりHuluにて過去の『笑ってはいけない』シリーズのネット配信を開始した。

<引用元:ウィキペディア>

 

2019年末の笑ってはいけないシリーズについては、先日ロケバスの目撃情報があったばかりです。

佐野史郎さんは茨城県でのロケ中に骨折したとされています。

 

 

事故があった場所(ロケ地)はつくば市立筑波東中学校だといわれています。

 


広告








佐野史郎の骨折原因・液体窒素ペットボトルの衝撃動画がヤバい

 

日本テレビによれば、

 

「佐野さんが液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮く、という企画に挑戦した後、腰に痛みを訴えたため、ただちに病院で診察を受けました」

「手術は必要なく、およそ2週間の安静の後にリハビリテーションを行い、現時点では全治まで約2ヶ月の治療期間を要する見込み」

「医師の指導に従い回復の具合をみながら、徐々に復帰していくとのことです」

「けがをされたことについて、佐野さんをはじめ、関係者の皆様にお詫び申し上げます」

「専門家の指導の下、事前に実験を重ねるなど、安全に配慮」

「出演者がケガをした事実を重く受け止め、今後はより一層、ロケなど番組制作において安全対策に万全を期してまいります」

 

としています。

 

朝日新聞によれば、「ドラム缶上部に置いた板の上に座ってラーメンを食べながら、液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮く」企画だったとしており、佐野史郎さんの骨折原因は液体窒素を入れたペットボトルの破裂で浮こうとした際に転倒したり、着地の衝撃で骨折した可能性がありそうです。

 

実際のロケの動画は、ありませんが、液体窒素ペットボトルの衝撃を物語る動画があります。

 


 

これを見ると、さすがに64歳のベテラン俳優にさせることではないと感じます(そこをさせてしまうのが笑いに繋がるのかもしれませんが)。

 

 

ネットの反応

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

番組の性質上、これまでも安全面でぎりぎりの企画はありましたので、下半身不随などならなかったのが本当に良かったと思います。

改めて安全面をきちんと顧慮して面白い番組作りをして欲しいですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*