仮面ライダーエグゼイド 感動のファイナルステージ ネタバレレポート!

こんにちは!

現在、日曜あさ9時から放送中の

仮面ライダービルドの人気も

回を重ねるごとに増していますが、

前作・仮面ライダーエグゼイドの

ファイナルステージ&番組キャストトークショーが

10/15に中野サンプラザホールで開催され、本当の大フィナーレを迎えました。

詳細とまではいきませんが、

ファイナルステージの内容、トークショーの内容について

見に行けなかった方々のためにご紹介します!

※ネタバレになりますので、まだ見たくない方は読まないようにお願いします。

 

【この記事が良かった!と感じた方はツイッターやLINEで拡散をお願いします(*´з`)ノ】

 

 

スポンサーリンク



 

ファイナルステージ

仮面ライダーシリーズ、特に平成ライダーシリーズでは

毎回恒例のファイナルステージ。

テレビで放送された本編と内容もリンクしており、

毎週欠かさず見てきたファンには見逃せないステージ。

ただのヒーローショーではなく、

出演キャストも登場する、まさに舞台版仮面ライダー!

 

 

仮面ライダーエグゼイドのファイナルステージ。

サブタイトルは

『約束のドレミファビート』

 

そう、テレビでは最後まで叶わなかった

ポッピーの夢、それが

 

”永夢やみんなとドレミファビートで遊ぶこと”

 

VRの世界でよみがえったバグスターたち、

その中にはあの愛されキャラ『バガモン』の

進化版・『ダブルチーズバガモン』の姿も(笑)

そして、グラファイトも復活。

 

しかし、復活の裏を引いていたのは

ゲムデウス。バグスターたちは記憶を失い操られていた。

 

VRの世界でライダーたちは戦いながらも

ポッピーが捕まり、バビブベボしか話せない赤ちゃん状態にされてしまう。

 

ゲンムやパラド、ニコも加わり

そして、会場の声援の力でポッピーは元に戻り、

全員でゲムデウスを攻略!

 

最後はグラファイトらも加わり、

全員でドレミファビート!

ポッピーの夢はかなうというストーリーでした。

 

※記憶をたどりながらのレポートですので、

文字だけで見ると、内容が薄く感じると思いますが

会場はすごく盛り上がっていました!

 

 

スポンサーリンク




 

番組キャストトークショー

番組キャストトークショーに参加したキャストは以下の通りです。

 

飯島 寛騎  【宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド 役】
瀬戸 利樹  【鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ 役】
松本 享恭  【花家大我/仮面ライダースナイプ 役】
岩永 徹也  【檀黎斗/仮面ライダーゲンム 役】
松田 るか  【仮野明日那/ポッピーピポパポ/仮面ライダーポッピー 役】
小野塚 勇人 【九条貴利矢/仮面ライダーレーザー 役】
甲斐 翔真  【パラド/仮面ライダーパラドクス 役】
町井 祥真  【グラファイト 役】
黒崎 レイナ 【西馬ニコ 役】
小手 伸也  【ラブリカ/天ヶ崎恋 役】
博多・華丸  【鏡灰馬 役】
貴水 博之  【檀正宗/仮面ライダークロノス 役】

 

トークショーではそれぞれ思い入れのあるシーンを紹介しました。

 

飯島寛騎さんは
初めての変身シーンを紹介。実は第2話の変身が最初だったそうです。

 

瀬戸利樹さんはCRを裏切り、
永夢と大我の呼びかけを背に去っていくシーン。

 

松本享恭さんは
クロノスからニコを守るシーンをチョイス。
大切なものを守ることを口にしたことが印象深いと。

 

これに関しては
黒崎レイナさんも大我に守られるシーン、『俺のそばから離れるな!』のセリフ
のシーンをあげました。

 

また、トークの中では
壇黎斗が終始『気持ち悪い』と気持ち悪がられる爆笑場面もありました。

 

貴水博之さんが小手伸也さんや瀬戸利樹さんと”和解”の握手wするシーンには

から拍手も出ていました。

 

トークショー終盤では、

永夢とパラドが協力プレーでクロノスに立ち向かうシーン

最終回の4人のライダーが同時に変身するシーンの再現もあり

会場の熱気はマックスでした。

 

トークショーの最後は各キャストからファンへのメッセージ。

 

貴水博之さんは

48歳で仮面ライダーになれたこと。夢はかなうことをファンに

伝え感謝の言葉。

 

黒崎レイナさんは

仮面ライダーエグゼイドに参加できたこと。

ニコというキャラがファンに受け入れられたことを

涙をこらえながら熱弁。

 

甲斐翔真さんは

自分の成長を実感できたこと。一人では何もできないこと

周りに支えられてきたことに感謝をしていました。

 

岩永徹也さんは

子供のころに見たとなりのトトロの思い出から

現在の自分を置き換えて全国の神信者へありがとうと語っていました。

 

松田るかさんは

感謝の気持ちを言葉にしながらも涙

岩永徹也さんによると自身の卒業式でも泣いたことはないと。

 

小野塚勇人さんも

感謝の言葉の述べる最中に感極まり、飯島寛騎さんにパスしていました。

 

松本享恭さんは、

ニコがレイナちゃんで良かったこと、

病気のファンから手紙をもらったことを告白。

自分たちの作り上げたものが、子供たちだけでなく、

病気の人たちを勇気づけていることを糧に頑張ったことを言っていました。

話している最中に泣き出した松本さんを

黒崎レイナさんが『大我、ガンバレ!』と声をかけていました

 

瀬戸利樹さんは

直前に喋った松本さんにもらい泣きしながらのコメント。

共演者、ファンへの感謝、先輩方への感謝をのべ、

かっこいいヒーローを演じれたことに感謝していました。

 

主演の飯島寛騎さんの番になったとき

レギュラーキャストからサプライズプレゼント!

みんあの寄せ書き色紙をもらい飯島寛騎さんは号泣。

番組が始まる前は北海道の大学生で、何もわからなかった自分が

こんなに成長できたこと。みんなに迷惑かけたこと。

支えてくれたすべてのファンへ感謝の言葉。

最後はマイクを使わず、大きな声でお礼をしていました!

 

大フィナーレはキャストと会場のファン全員で

『ノ-コンティニューでクリアしてやるぜ!』

の決めゼリフを叫び、

主題歌「EXITE」を歌いながら幕を下ろしました。

 

さいごに

平成ライダー作品の中でも屈指の好作品・感動作品と

ファンの中でも評判の高かった仮面ライダーエグゼイド。

また、映画やVシネマも発表されますので、こちらもぜひチェックしましょう!

 

スポンサーリンク




トップページ
イベント・季節の記事一覧
ニュース・芸能の記事一覧
モデル・タレント・アナウンサーの記事一覧
女優・俳優の記事一覧
テレビの記事一覧
仮面ライダー関連の記事一覧

最新情報をチェックしよう!
広告