■夏休みの工作・自由研究■は買わずに1日で完成!低学年(小学1年生・2年生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

子供たちにとって楽しい夏休み!

でも自由研究って何をしたらいいの?子供よりも親の方が一生懸命考えますよね^^

そんなお母さんやお父さんのために、

1日で完成できるおすすめの自由研究をご紹介します!

小学1年生、2年生の男子、女子どちらにも向いています。

低学年のお子さんは基本的に簡単なモノを作る”工作”がおすすめです^^

保護者の方が手伝いすぎると、低学年とは思えないクオリティになっちゃいますよ^^;

 

 

■■ 絵を描く ■■

 

材料 : 画用紙、クレヨンや絵の具などお絵かき道具

 

内容 :

とっても簡単です。夏休みの思い出の絵を描きましょう^^お祭りのこと、プールのこと、おばあちゃんちのことなど。何でもよいです、何でもよいのが許されるのは低学年のうちだけですよ(笑)もしも、思い出などが、これといってない場合は、想像でも構いません。海やヒマワリなど、折り紙などを切ったりちぎったりして貼り絵をしてもいいですよ^^

 

ポイント : 学校の図工では習ってないこともできますよ。クレヨンで描いた絵に折り紙を張り付けたり、落ち葉を貼ったり。基本的に自由に何でも構いません。

 

 

■■ 簡単な工作 ■■

 

材料 : 例えば、余った粘土、紙コップや空き缶、ペットボトルなど簡単に手に入る容器など

 

内容 : 粘土や容器を使って人形を作る。顔を書いたり、耳や尻尾、手足をテープやのりで貼り付けたりします。

 

ポイント : ビーズやボタン、庭の小石など、身近なものでトッピングすると斬新なものができたりします。材料費の心配が要りません。完成した人形が何かわからない(笑)こともあります^^;

 

■■ お手伝い ■■

 

材料 : 特になし

 

内容 : お父さんやお母さんのお手伝いをします。

 

ポイント : コピー用紙に日付(1日分で構いません)を書いて、朝から夜までの間に行ったお手伝いを書いて、お父さんやお母さんのしるしを書いてあげるといいでしょう!花丸やシールなどを貼ってあげると、お子さんもお手伝いして褒められる喜びもあります。

 

 

■■ 苦手な教科の練習 ■■

 

材料 : ノートやプリント

 

内容 : お子さんが苦手なこと(足し算、漢字など)をノートにたくさん書いたり、計算したりします。

 

ポイント : 他の宿題との差別化は難しいですが、与えられた宿題以上に勉強に取り組んだことをアピールすれば何も問題ありません。

 

 

 

■■ まとめ ■■

 

1年生、2年生は、保護者が思っているほど、難しいことはできません。

 

日常的なこと、学校で習っていること、を自宅でやってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!