セカオワがNHK平昌オリンピックテーマ曲!曲名や発売日はいつになる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEKAI NO OWARI(セカオワ)が来年2018年に開催される、NHKの平昌(ピョンチャン)五輪のテーマ曲を担当することが分かりました!

過去、数々の名曲が産まれた、NHKの五輪テーマ曲。

若者に爆発的な人気を誇るセカオワがどんな曲を披露してくれるのか今から楽しみですね!

気になる曲名や発売日についても確認してみたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク




 

SEKAI NO OWARI

セカオワは独特の世界観が若者に人気の4人組のバンドです。

『Dragon night』や『RPG』などが人気楽曲で、その名の通り、ロールプレイングゲームの様なファンタジー感のある楽曲が印象的です。

メンバーは

    • Fukase(ボーカル)

    • Nakajin(ボーカル、コーラス)

    • Saori(主にキーボード等の器材)

    • DJ LOVE(DJ)

の4人で活動をしています。

 

NHKの平昌オリンピックテーマ曲を担当

セカオワの4人がNHKの平昌オリンピックテーマ曲を担当することが12月5日に発表されました。

セカオワとしては、民放局を含めても、初めてのオリンピックテーマ曲となります。

セカオワといえば、若者には人気ですが、オリンピックは全世代が見る一大イベントということで、年配の方は知らないんじゃないの?と思われる方もいるでしょう。

NHKは

「特に若い世代に圧倒的な支持を受けているが、今は年配の方々にも認知されている」

「オリジナリティーをしっかり盛り込みつつ、耳なじみの良いメロディーで、五輪放送を盛り上げてくれるはず」

としています。

確かにセカオワはNHKとの相性はよく、NHKの音楽番組にもこれまでも出演歴も多く、その真摯で礼儀正しい態度は、初めて見る方にとっても印象が良いと言ってもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク




 

曲名や発売日は?

気になるのは新曲の曲名と発売日(配信日)はいつなのか?ということですよね。

おそらくすでにセカオワに対して、作曲のオファーはあり制作を開始しているものと思われますが、

さすがに現時点では曲名も発売日も明らかではありません。(そもそも完成していません)

 

過去のNHKオリンピックテーマ曲を振り返ってみると、

  • 2016年リオ五輪:安室奈美恵「Hero」
  • 2014年ソチ五輪:コブクロ「今、咲き誇る花たちよ」
  • 2012年ロンドン五輪:いきものがかり「風が吹いている」
  • 2010年バンクーバー五輪:L’Arc〜en〜Ciel「BLESS」
  • 2008年北京五輪:Mr.Children「GIFT」
  • 2006年トリノ五輪:平原綾香「誓い」
  • 2004年アテネ五輪:ゆず「栄光の架橋」

と、どれも大きな舞台や頑張るアスリートや応援する人々を連想させてくれる、壮大な曲調の楽曲が多いですね。

セカオワも独特の世界観を保ちながら、感動的なメロディーの曲にするのではないでしょうか。

 

また発売日に関してはオリンピック開始直前約1か月前くらい~開始後の期間に発売するケースが多いようです。

というのは楽曲解禁が、NHKのオリンピック特番や事前番組での披露にて解禁となることが多いからです。

 

平昌オリンピックは2018年2月9日が開会式と予定されていますので、

2018年1月

の発売や配信となる可能性が高いと考えられます。

その日まで楽しみに待つことにしましょう!

 

オリンピックを盛り上げる大事な要素となりつつある、テレビ局のテーマ曲。

何年後かに、2018年平昌オリンピックのテーマ曲はいい曲だったねと語り継がれるテーマ曲に期待したいですね!

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!