藤吉久美子 不倫会見で離婚否定も夫の男気に感動!『体ほぐして…』離婚しない理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京、そして宮崎県都城市での不倫行動に文春砲を撃ち込まれてしまった、女優の藤吉久美子さんと、夫の太川陽介さんがともに会見を行いました。

藤吉久美子さんは都城市でのホテルの同室で過ごしたことには『体をほぐしてもらっていた』との、苦しい否定、離婚も否定をしています。

太川陽介・藤吉久美子夫妻がそれでも離婚しない理由はどこにあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク




 

藤吉久美子に文春砲

すでに報道されているとおり、藤吉久美子さんは11月23日に都城市のイベント時に、朝日放送のプロデューサー・A氏(深沢氏とみられている)と行動、ホテルの同室で朝まで過ごしたと報道されています。

また、A氏の部屋へも路線バスを利用して訪れていたことも報道されています。

詳しくはこちら

>>藤吉久美子に文春砲!都城市でも不倫相手と行動か A氏とは誰?子供はどうなる?

 

藤吉久美子会見

藤吉久美子さんは12月14日に羽田空港で涙の会見を行いました。

藤吉久美子さんのコメントをまとめると、A氏との不倫騒動については

「私の軽率な行動でご迷惑をかけ申し訳ございません」

「(音楽活動でお世話になっていることから太川に)紹介しようと思った」が「かなわなかった」

「お世話になったのですが、ご迷惑をお掛けして申し訳ないです」

「(男女の付き合いは)ない」

「これだけご迷惑をおかけして、申し訳ないと思っている。もうそれ(会うこと)はありません」

「浅はかだったと思います。自分のことがちゃんと見えてなかった」

と語っています。

都城市では藤吉久美子さんのコンサートも開催されており、おそらくその音楽活動のことも含まれているのでしょう。

つまり、単なる不倫相手ではなく、もともとは仕事関係であったことが分かりますね。

 

A氏の自宅の合鍵をもって通っていたことについては

「置いていたチラシをどうしても取りに行かないといけなくて。パソコンも置かしてもらっていたので、私にとっては作業する場所の気持ちになっていた」

 

都城市で同室で過ごしたことについては

「背中と手がすごくこってしまって、体をほぐしてもらってました」

と、なんとも苦しい釈明になりました。

 

 

 

スポンサーリンク




 

夫・太川陽介の男気に感動!

同日午前中には夫・太川陽介さんも会見に臨んでいます。

太川陽介さんは会見冒頭、

「今回は、ウチのバカもんが軽率な行動をとってこんな騒ぎになって…。本当に申し訳ないと思っております」

と語りながらも、明るくハキハキと、いつもの太川陽介さんのままで

「彼女が(不倫関係ではないと)言うので『よし分かった。信じる』と言った」

「(藤吉に)『これから大変だぞ。誰が聞いたってクロだと思うから、世間から厳しい目で見られる。だけど、僕が守るから。これで終わり』と言いました。我々の中ではそういう話になってます」

と語りました。

 

太川さんもクロであることは見抜いているのですよね!

 

それでも今回は藤吉久美子さんの謝罪と、反省をみて許したということになりますね。

明るく対応したのも、”我が家ではもう片付きましたよ!”という世間と、藤吉久美子さんへの配慮によるものでしょう。

浮気や不倫で、簡単に離婚へ発展するケースが多い中、太川陽介さんの懐の大きさに感服、神対応に感動すら覚えますね!

その懐の大きさがあれば、路線バスの旅で蛭子能収さんのコントロールができるのもうなずけますね(笑)

 

それでも離婚しない理由

藤吉久美子さんは会見で夫・太川陽介さんについて

「私は彼がいないと生きていけない…」

と語り、離婚も否定しています。これには太川さんも離婚否定で一致しており、世間的にはクロな騒動でしたが離婚はないもようです。

 

離婚しない理由としては、

  • 夫・太川陽介さんが今回だけ許してくれた懐の大きさ
  • まだ、16歳の息子さんがいることが、理由として考えられます。

太川陽介さんの男気で、「雨降って地固まる」という結末に落ち着きそうです。

「こんなママでごめんね」

「これからは家族3人でしっかり生きていきたい」

「(太川から)早く帰ってきてほしいと言われている」

会見時、藤吉久美子さんの手には結婚指輪が光っていましたので、こんどは藤吉久美子さんが家族を守っていかないといけないですね。

それにしても太川陽介さんかっこいいです!

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!