【世界まる見え】デブウイルスが肥満の原因?日本もいるとしたら予防法や治療法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんはデブウイルスという名前のウイルスを聞いたことがありますか?

子供同士のふざけあいの中で出てくる「〇〇菌!」(笑)というレベルの話ではなく、実際に存在する菌のようです。

12月18日放送の「世界まる見え!テレビ特捜部」で特集されます。

私たちの住んでいる日本にも存在するのでしょうか?

また、予防法や感染した場合の治療法は確立されているのでしょうか?確認していきましょう!

 

 

スポンサーリンク




 

世界まる見え!テレビ特捜部で特集!

12月18日放送の、人気番組『世界まる見え!テレビ特捜部』で特集されるのは、肥満の原因とされる「デブウイルス」についてです。

名前を聞いただけで感染したくはないですよね^^;

 

■番組名:世界まる見え!テレビ特捜部 ウソかマコトかSP!

■放送日:2017年12月18日(月)

■放送時間:よる7:00~9:00

■ゲスト:桐谷美玲 高橋ひかる 田中美佐子 ハライチ

 

番組紹介では

感染すると太る?デブウイルスを発見?

とシンプルな紹介^^;

番組では発見の経緯などが紹介されるのかもしれませんね。

 

この気になるウイルスについて、放送とも合わせて確認しておいたほうがよさそうです。

 

デブウイルスの正体は?

結論から言いますと、デブウイルスと疑われている菌は存在するようです。

ただし、正式な名前は『アデノウイルス36』と言います。デブウイルスは通称です。

 

以前より、このウイルスの存在は世界の研究者たちが立ち向かってきた課題でもあるのです。

なぜなら

 

少ししか食べていないのに→太る人

大食漢なのに→太らない人(ヤセの大食い)

 

という方々が実際に存在するからです。こういった身近な疑問から、「肥満のもと」となるウイルスがいるのではないか?という疑問が生まれるのです。

 

ルイジアナ州のバートン氏の研究チームは、

アデノウイルス36 またはSMAM-1 という同様のウイルスを感染させると動物が肥満になることを示した

という研究結果を発表したことがあります。

動物ではなく人間においても肥満の人の 30 %がこのウイルスに対する抗体を持っているのに、肥満でない人では 10 %という分析もされていたそうです。

人の脂肪組織の幹細胞(万能な細胞と考えてください)に、このアデノウイルス36を感染させると、増殖し脂肪を蓄積したというのです。つまり太ったということですね。

 

スポンサーリンク




 

デブウイルスは日本にもいる?

ではデブウイルスこと、アデノウイルス36は私たちの住む日本にも存在するのでしょうか?

アデノウイルスは日本にも存在します!

アデノウイルスは1~51までの方に分けられるのですが、特に夏場に流行する「プール熱」という咽頭結膜熱は3型を中心として起こりやすいと言われています。

 

しかし、アデノウイルス36に限定してみると、実は日本に存在しているのかどうかははっきりしていません。

もちろんいる可能性もいない可能性もあるということです。

日本では、病気を引き起こす細菌やウイルスの研究は盛んに行われるのですが、直接病気とは関係のない研究はあまりされない傾向があります(研究費用が下りないのかもしれませんね^^;)

予防法や治療法

上記の研究結果が正しければ、このウイルスに対するお薬ができれば、肥満の予防になるという理屈になるはずですが、どう思われるでしょうか。

私の個人的見解は、このウイルスと肥満は直接は結びついていないような気がしています。

つまり現在の研究段階では因果関係は乏しいでしょうね^^;

 

つまりこのアデノウイルス36に対する予防法や治療法も確立されていないということです。

 

太る原因はいくつかあると思いますし、その中の一つではあるかもしれませんが、逆に病気で食べれない方のように、太らせたい方にそのウイルスを投与すれば太るかというと、やはりそれだけでは太れないでしょう。

 

 

太らないためには、やはり適度の食事、適度の運動、が大事でしょうね。

それに、もしウイルスが肥満の原因だと証明されてしまったら、意志の弱い方は「ウイルスのせいだ!食生活は関係ない!」と自分自身に都合のいい解釈をしてダイエットに励まなくなりそうで恐いですね^^;

 

ちなみにスタジオゲストとして出演されている、桐谷美玲さん。

絶対にデブウイルスには感染していないでしょうね(笑)

 

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!