中村獅童 肺腺がん後の2018年現在!妻・沙織さん、子供、市川海老蔵の存在 金スマで密着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歌舞伎俳優の中村獅童さんが肺腺がんを公表したのが2017年5月。

その後、妻・沙織さんのサポートやお子さんの存在が大きかったのではないでしょうか。

2018年1月5日(金)放送の『金スマ』では密着取材の様子も放送されますので、改めて中村獅童さんとご家族について確認しておきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク




中村獅童

生年月日 :1972年9月14日
本名: 小川 幹弘 おがわ みきひろ
出身地 日本の旗 日本・東京都

中村獅童さんは、まだまだお若くして居ますが、もう45歳と、良いお年の歌舞伎俳優さんです。

名門の一家に生まれた方ではありますが、一躍有名にしたのは、映画『ピンポン』と『いま、会いにゆきます』ではないでしょうか。

『いま、会いにゆきます』で共演した女優の竹内結子さんとはその後2005年に結婚をします。

同年に長男が生まれましたが、中村獅童さん側に、酒気帯び運転や女性問題など、トラブルも続き、2008年に離婚長男の親権は竹内結子さんが持っていらっしゃいます。

2015年には現在の奥様である沙織さんと結婚をしています。

 

初期の肺腺がんと現在の病態

中村獅童さんは2017年5月18日に、人間ドックで初期の肺腺癌が発見されたことと、入院のため6月・7月の舞台を休演することを発表しました。

まだまだお元気な中村獅童さんに癌のニュースということで衝撃的だったことを今でも記憶しています。

一般的に肺癌は

  • 小細胞癌
  • 扁平上皮癌
  • 肺腺癌
  • 大細胞癌

の4つに分類されます。

肺癌というと”タバコ”のイメージが強いですよね。

しかし、肺腺癌は、喫煙者以外の方でもかかる割合が高いことでも知られています。

最近では女優の野際陽子さんもこの肺腺癌でお亡くなりになったのは記憶に新しいところではないでしょうか。

実際に中村獅童さんは喫煙はされない方のようですので、受動喫煙(周りの喫煙者の煙をすうこと)で肺腺癌になったことも否定できません。

幸いにも初期の1Aであったのではと考えられています。

5月末に手術、7月末には復帰会見を行っており、比較的スムーズに復帰に持ってこれたところを見ると、手術も開胸手術よりも、腹腔鏡手術で終えた可能性も高いでしょう。

 

治療後の会見の際にはスポーツジムでの2時間ほどのトレーニングや散歩でリハビリに取り組んでいることを報告し、

「7~8割くらいは戻ってきました。顔がスッキリしているんですけど、脂肪が筋肉に変わっているみたいで体重も手術前よりも3キロ増えています。順調に回復しております」

「舞台の復帰は11月くらいですけど、今月末くらいから吹き替えのお仕事もさせていただこうと思っています」

と回復が順調であることも語っていました。

 

今後は、定期的な検査(CTスキャン)などで、癌の再発や転移を経過観察していくことになりそうです。

 

また、中村獅童さんの私生活についても、以前は飲み屋街を飲み歩いているような、破天荒キャラもありましたが、現在は健康に気を付けた、180°反対の生活を送っているようです。

休日には自宅で、料理を作ることが趣味のようです。

 

スポンサーリンク




妻・沙織さんと子供の存在

我が家の女子達 #愛猫#愛妻#ねこ#ちーちゃん

Shido Nakamuraさん(@shido_nakamura)がシェアした投稿 –

順調な回復を見せているとはいえ、仕事を休み、手術などの治療を行っていくことは、怖さや不安もあったことと思います。

この治療を続けてこれたのは、妻・沙織さんのサポートと子供の存在であったのではないでしょうか。

妻・沙織さんのサポートについては

「料理も無農薬野菜を使ったものにしてくれたり、にんじんジュースも2リットルくらい飲んでいます」

「彼女のおかげで、くよくよしてもしょうがないなと思うことができました。早期発見も彼女が『ちゃんと診てもらったら』と言ってくれたからで、もうちょっと遅かったら状態も変わってきていたので、感謝の気持ちでいっぱいです」

と感謝の気持ちを表しています。

不安な時の家族というのは頼もしいものですね。

また、当時妊娠していた沙織さん。

お腹の赤ちゃんからも、中村獅童さんは前向きに頑張っていく力をもらったんではないでしょうか。

 

2017年12月17日には長男・陽喜(はるき)くんの誕生を発表しており、2世誕生ということで、中村獅童さんもますます頑張っていくことでしょうね!

ちなみに長男・陽喜くんの誕生日は、亡母・小川陽子さんの命日と1日違いということで、

「くしくも母の命日の翌日ということもあり、とても感慨深い心境でございます。私の病気のこと、子供の誕生と、命についてあらためて考えることのできた忘れられない1年となりました」

と中村獅童さんも不思議な縁を感じていらっしゃるそうです。

 

長男誕生も派手にしない理由

歌舞伎役者の2世誕生といえば、一家にとってはとてもおめでたいことですが、意外とニュースやワイドショーで取り上げられるほど派手な会見がありませんよね。

それにはいろいろと理由があるようですが、その一つは、同世代の歌舞伎役者・市川海老蔵さんへの配慮ということになるでしょう。

小林麻央さんを亡くし、喪に服していることがその理由と考えられます。

しかし市川海老蔵さんは中村獅童さんと再会した際には、

『おう、お前、妊娠したか?』

『俺が妊娠するわけねーだろ!』

と、小林麻央さんのことで大変だったにもかかわらず、いつものやり取りで声をかけてきたそうです。

こんな素敵な友情は、なかなかないですよね!

歌舞伎役者としてはライバルかもしれませんが、同じ歌舞伎界を支える仲間としての友情に感動をおぼえます。

 

金スマで密着

TBSの人気番組『金スマ』で、中村獅童さんの癌との闘病や、歌舞伎界の友情について密着取材の様子が放送されます。

こちらも併せてごらんになると、一層楽しめるでしょう。

 

■中居正広の金曜日のスマイルたちへ

■2018年1月5日(金) 21時00分~23時09分

■内容:中村獅童ガンからの復活、新たな命…歌舞伎界の絆

 

一年に及ぶ密着取材ですので、中村獅童家の激動の一年を知ることができそうですね。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. takokuro より:

    怖いもの知らずの獅童さんでも、病気になられるんだ!と。
    次々、新しいことを発信 されてらして、竹内結子さんにもいい作品をこなされ、獅童さんってきっとアジのある方なんだろうな。。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!