登坂淳一アナ セクハラが理由でフジテレビ降板!被害相手と同世代のNHK女子アナは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NHKの麿こと、登坂淳一アナウンサーの移籍第一弾として注目されていた、フジテレビの情報番組ですが、番組降板という事態になりました。

降板理由は、文春砲による過去のセクハラ報道によります。

内容と、セクハラを受けた相手を確認していきます。

 

 

スポンサーリンク




登坂淳一アナ

出身地: 東京都
生年月日 :1971年6月10日
学歴 :法政大学第二経済学部卒業
職歴: NHK(1997年4月 – 2018年1月11日)

 

登坂淳一アナはNHKの麿(まろ)のニックネームで知られる男性アナウンサーです。

白髪交じりではありますが、まだ46歳。

しかし、落ち着いた話し方と、雰囲気で視聴者に安心感を与えるアナウンサーとしては、群を抜いているのではないでしょうか。

NHK入職後は地方局も転々とされています。

 

  • 和歌山放送局
  • 大阪放送局
  • 東京放送センター
  • 札幌放送局
  • 大阪放送局
  • 鹿児島放送局

 

1月11日で鹿児島放送局を退職し、フリーアナウンサーとなり話題となっていました。

フリー転身後の担当はフジテレビの『プライムニュース』ということで大きくメディアでも取り上げられていましたね。

 

文春砲でセクハラ疑惑

1月25日発売の週刊文春で報じられたのは過去のセクハラ疑惑です。

イメージからはまさかセクハラをしそうな方には見えませんので、事実だとすれば衝撃ですね。

 

文春砲の内容をまとめると、

 

  • 疑惑は2011年6月
  • 番組の打ち上げで訪れたカラオケ店で新人の女性キャスターの身体を触った
  • 耳元で一緒に抜け出すことを提案
  • 女性はトイレに逃げたが登坂アナは追いかけ、何度もキスを迫った

 

新人アナの友人は

「席に着くなり、登坂さんは彼女の膝を撫で回すように触ってきたのです。彼は何杯か飲んでいたけど、酩酊はしていなかったそうです。田中さんの身体を触りながら、耳元で『一緒に抜け出さない?』と囁いてきたといいます。彼女は『初対面なのにベタベタ触ってきて嫌だな。この人は女性を見下しているな』と感じたそうです。ただどう対応すればいいかわからなかったので、とりあえずトイレへ逃げた。すると登坂さんが追いかけてきたのです」

と、語っています。

 

事実だとすれば、間違いなくセクハラになりますね。

登坂淳一アナウンサーも打ち上げということで酔っぱらっていたのでしょうが、少しやりすぎですね。

一般社会でも十分に逮捕されてしまいそうな事例です。

 

スポンサーリンク




相手の新人アナウンサーは誰?

 

報道では仮名で田中知子さんとされています。もちろん仮名ですので本名は明らかにされていません。

2011年ということですので、現在30歳前後の年齢であることが考えられます。

 

これ以上の特定は困難ですが、同年代のNHKアナウンサーを挙げてみると、

 

和久田麻由子アナ

桑子真帆アナ

鈴木奈穂子アナ

杉浦友紀アナ

 

など、人気アナウンサーがそろっていますね。

まさにNHKの人気を支える黄金世代

しかし、上記のアナウンサーは札幌局を経ている方がいらっしゃいませんので今回のセクハラの相手には該当しないと思われます。

 

プライムニュース降板

報道を受けて登坂淳一アナはコメントを発表しています。

 

「4月から新たに始まるフジテレビのニュース番組のキャスターのお話をいただいていたのですが、今回の週刊誌報道でお騒がせしたことを受け、出演を辞退することにいたしました。報道内容については、身に覚えがないことも多く、困惑するような内容で非常に残念ではありますが、大事な新番組を傷つけることは本意ではなく、自ら身を引く潔さも大切と思い至るようになりました。今後も様々なお仕事に挑戦していく所存ですので、何卒よろしくお願いいたします」

 

身に覚えがない、という言葉が出るのも無理はありません。

7年前のことであり、記憶があいまいな点もあるのでしょう。

事実であり、当時注意指導を強く受けたのであれば、記憶にあるとは思いますが、事細かに覚えておくのは困難かもしれませんね。

 

秋元アナといい、登坂アナといい、フジテレビに対する文春砲のマークが厳しくなっていますね。

 

【追記】

1月28日放送のフジテレビ『ワイドナショー』に元NHKアナウンサーの堀潤さんが出演されました。


 

登坂淳一アナウンサーの話題になると堀潤さんは、

『優しい人でした』

『俺は堀潤の味方だから、と声を掛けてくれた』

と、とにかく優しい方でしたと、振り返りました。

 

ただ、堀潤さんは、『登坂派』だったらしいので、このエピソードだけでアレコレ判断することはできなさそうですね。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!