コインチェック NEM460億円返金発表は絶望?自己資金は本当にあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仮想通貨取引所「コインチェック」のNEM流出問題が、大きな話題となっています。

1月28日に返金発表をしたものの、安心するNEM保有者よりも、絶望的と考えている方も多いようです。

返金総額460億円はいったい、どこにもっているのでしょうか。

確認していきます。

 

 

スポンサーリンク




コインチェック NEM流出問題

仮想通貨取引所のコインチェックは、1月26日、仮想通貨「NEM」の一部が消失していたことが分かり発表しました。

不正アクセスによるものと考えられており580億円相当の流出とみられていて、現在金融庁、警視庁に報告し詳しい調査を行っています。

 

出金停止

1月26日午前3時ごろにNEMが流出したようですが、その流出を検知したのは、午前11時25分ごろということですので、実に8時間半ほど、流出し続けていたということになります。

 

検出も”NEM残高が「異常に減っている」ことを検知”したようで、検知システムの精度も問題があるかもしれませんね。

 

正午ごろ入金を制限し、NEMの売買と出金、さらに日本円と取り扱う仮想通貨全ての出金を停止しています。

 

 

現在のところ、NEM以外のトラブルは報告されていないようです。

 

大塚取締役と和田代表取締役は

「お客さまの保護を優先し、補償などは検討中」

「金融の経験がない中、外部の手や保険会社勤務の経験がある社員の力を借り、知見を高めて経営してきた」

と記者会見で語っています。

 

 

スポンサーリンク




460億円返金は本当?

コインチェックは1月28日に、

  • 対象となる顧客約26万人に日本円で返金
  • 総額は約460億円で、原資は自己資金でまかなう
  • 補償時期や手続き方法は検討中

と発表しました。

 

この発表に対し、世間からは

 

と、迅速な対応に喜ぶ声もありますが

 

と、返金対応に対する疑問の声もおおく上がっています。

ユーザーの意見にあるように、460億円の自己資金が本当にあるのかがまず疑問ですよね。

本当にあるのだとすれば、手数料などでかなり儲けていたということでしょうし、580億円-460億円ということで、ほとんどの被害者がかなりの損失は免れません。

 

 

自己資金の有無よりも、救済措置の発表を優先したのであれば、自転車操業になるのでは?という意見も散見されます。

 

仮想の世界で自分のお金を預ける怖さを改めて痛感しますね。

 

上記打消し線の内容についてはあくまでも私感ですが、私感として許容できない方もいらっしゃるようですので打消し処理させていただきました。

 

あくまでも一ブログの意見として受け止めていただければ幸いです。

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!