GENKING 性別適合手術を告白!手術費用はいくらで、日本でも出来るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タレントのGENKINGさんが、1月29日放送の『ノンストップ』に出演。

性別適合手術を受けていたことを告白されました。

最近は男女の性別に関する話題も多く、ドラマにもなるくらいですが、性別適合手術を受ける費用はいくらくらいするのでしょうか。

期間や、日本で受けられるのかも確認します。

 

 

スポンサーリンク




GENKING

GENKINGさんはもともと芸能人ではありませんでしたが、インスタグラムが注目されて現在のようなタレント活動をするようになりました。

自身の同性愛者であることは以前よりわかっており、2013年からパートナーと暮らしていたそうです。

インスタグラムの人気から2014年に芸能事務所に所属するようになります。

2017年には『性同一性障害』である診断を受けたことを自身のインスタグラムで報告していました。

 

『ノンストップ』で性別適合手術を告白

1月29日放送のフジテレビ『ノンストップ』で、「GENKINGテレビ初告白」と題し、幼少期の性別の違和感や、いじめについて語りました。

そして、GENKINGさんが告白したのは

 

  • 2017年5月に性別適合手術を受けた
  • 2017年7月に戸籍上も女性になった
  • 本名を「元輝」→「沙奈」に変更した

 

事でした。

もともと、女性並みの美貌をお持ちなので、特に違和感は感じませんが、ご本人としても正真正銘の女性になれて安心でいる事でしょう。

 

 

スポンサーリンク




性別適合手術の費用は?

さて、芸能界でも時々聞かれる性別適合手術。

いったい、どこで受けることができて、いくらくらい費用はかかるのでしょうか?

まず性別適合手術は、GENKINGさんのように、性別の不一致、性同一性障害を抱える者に対して行う外科的な手術のことで、具体的には性器に対する手術となります。

 

手術自体は、日本でも受けることはできます

しかし、過去には手術の後に後遺症を患った方もおり、全ての医療機関が積極的に行なっているわけではないようです。

 

気になる手術費用はというと、

男性から女性へ、女性から男性へで、費用は変わりますし、手術の内容にもよりますが、およそ、150〜300万円程度ということです。

 

 

そして2018年現在、保険適用外ですのでこの高額な費用が壁となり、断念する方、安価なタイなど国外で受ける方もいらっしゃいます。

タイなどでは100万円以内で受けられるそうです。

 

しかし、現在、性同一性障害の診断を受けた方に対して保険適用にしようとする動向も僅かながらあります。

将来的には性同一性障害診断を受けた方がためらいなく、手術を受けられる日が来るかもしれませんね。

 

それまでに、後遺症などの健康リスクが少なくなることが必要となりそうです。

 

 

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!