横山だいすけお兄さん 歌詞の内容批判に謝罪!歌のモデルはたくみお姉さん?

おかあさんといっしょで歌のお兄さんを担当されていた、だいすけおにいさんこと、横山だいすけさんが、批判の渦中にいらっしゃいます。

Huluで放送された楽曲『あたしおかあさんだから』の歌詞について批判が殺到しているのです。

作詞を担当したのぶみ氏と、だいすけお兄さんの謝罪について確認したいと思います。

また、歌のモデルが三谷たくみお姉さんなのかどうかも個人的な考え中心ですが、確認してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク




あたしおかあさんだから

今回、騒動となっている楽曲『あたしおかあさんだから』は、動画配信サービス「Hulu」で配信されている横山だいすけさんの冠番組『だい!だい!だいすけおにいさん!!』でオンエアされました。

 

この歌の歌詞の内容が、「母親の自己犠牲を賛美し、特定の母親像を押し付けている」という内容でネット上で批判が殺到する騒動となりました。

 

誰が見てもさわやかなだいすけお兄さんが歌っても、批判にさらされるということは、一般のアーティストが歌うともっと色がついてしまいそうですね^^;

 

 

歌詞全文

歌詞の全文はツイッターに掲載されてる方がいらっしゃいますのでこちらでご覧ください。

 

「あたしおかあさんだから、○○」

というフレーズのリフレインが印象的ですね。

今回の批判の中心にあるのは、子供を産んだことによる、母親の犠牲感が前面に出ていることなのでしょう。

 

しかしながら、育児の中で自分の時間を持てずにいろいろと我慢しているお母さんがいらっしゃることも事実ではあると思います。

作詞ののぶみ氏も、そんなつもりじゃなかった、というのが正直なところではないかなと思います。

 

スポンサーリンク




だいすけお兄さんとのぶみ氏は謝罪

この批判を受けて、当事者の横山だいすけさんはブログで、そして作詞を手がけた、絵本作家ののぶみ氏はツイッターで謝罪をしています。

 

横山だいすけさんは

 

みなさん、この度はご心配をおかけしてすみません。

去年卒業してからたくさんの人とお仕事させていただき、日々勉強の1年でした。

hulu だい!だい!だいすけお兄さん‼︎のスタッフのみなさんも子供たちや親御さんに喜んでもらえるよう頑張ってくださっています。

しかし今回、理由はどうあっても結果的に応援してくれているみなさんを傷つけてしまったり辛い思いをさせてしまいました。

僕自身これからも子どもたち、親御さん、そしてみんなに歌を通じて、活動を通じてたくさんの楽しさや元気を届けられるよう、今回の歌の一件を真摯に受け止め頑張っていきたいと思います。

たくさんのコメント本当に本当にありがとうございます。

 

一方ののぶみ氏は、批判が殺到した当初は何がいけなかったのか?という自問自答でしたが、

 

 

という謝罪の意思表示をしています。

 

 

私の周りにも

『そうそう!私もそうだった!母親の気持ちよくわかってるね、この人!』

と、共感されている方もいらっしゃいますので、感じ方も十人十色でもあります。

実際にのぶみ氏も、多くのお母さんたちに聞き込んで歌詞を作ったそうです。

 

万人に共感される歌は難しいと思います。

 

モデルは三谷たくみお姉さん?

横山だいすけさんといえば、『おかあさんといっしょ』で8年間コンビを務めた、三谷たくみおねえさんが思い出されますね。

 

 

 

三谷たくみさんは横山だいすけさんより1年先に番組を卒業されました。

卒業後はゆっくりしたいとの意思は出されていましたが、芸能活動はしておらず、詳細は明らかになっていません。

私もだいたくコンビを見ていた者として、このおかあさんのモデルは三谷たくみおねえさん??と考えてしまします。

というのも、一部の噂では、三谷たくみさんはすでに結婚されて出産されているという情報があるからです。

三谷たくみさんも現在31歳ということで、結婚・出産されていても何ら不思議ではありませんよね。

 

ただ、のぶみ氏が三谷たくみさんと交流があったかどうかは分かりませんので、三谷たくみさんを歌詞の実在モデルにした可能性としては低そうです。

 

ただ歌詞を作るうえで、横山だいすけさんから三谷たくみさんの存在をインスパイアされた可能性は十分にあるのではないでしょうか。

この歌詞をきっかけに、現在の三谷たくみさんに思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告