2PM ジュンケイ飲酒運転摘発。活動再開時期と平昌オリンピックヘッドライナーショーは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

韓国の人気グループ2PMのメンバー、ジュンケイ(Jun.K)さんが、飲酒運転で摘発されたことが分かりました。

活動休止の発表もあり、ファンは動揺が隠せない様子です。

飲酒運転の際はどのくらい飲んでいたのかと、活動再開時期と、間もなく控えている平昌オリンピックヘッドライナーショーについて確認していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク




2PM・ジュンケイ、飲酒運転

韓国の人気ボーイズグループの『2PM』のメンバー、ジュンケイ(Jun.K)さんが飲酒運転で摘発されたことが2月13日に分かりました。

 

ソウル江南警察署によると、ジュンケイさんは2月10日午前7時ごろに江南区の道路で警察の取り締まりで摘発されました。

血中アルコール濃度は0.074%。

道路交通法違反(飲酒運転)容疑で在宅起訴となっています。

 

ジュンケイさんは素直に応じており、日程を調整して、経緯を調査するということです。

 

ジュンケイさん謝罪

ジュンケイさんは今回の飲酒運転の摘発を受けて、ファンや関係者に謝罪コメントを出しています。

 

まず皆さんにこのようなことで文章を掲載することになり、誠に申し訳ございません。

僕自身の一瞬の判断が愚かでした。

飲酒運転がどれほど大きな過ちであるか知っていながら、このような失敗をしてしまった自分自身を振り返り、深く反省します。

僕を信じて大きな愛をくださったファンの皆さんに、そして「2PM」メンバーに、失望させてしまったことを心からお詫び申し上げます。

 

2PMといえば、以前も飲酒運転トラブルがありました。

2012年7月24日に、2PMメンバーのニックンが韓国国内で車を運転中にオートバイと接触する事故を起こしました。

警察による飲酒測定結果でアルコール分が検出され、運転免許停止処分を受けて活動自粛した経緯があります。

その時は約3か月後に6人全員で活動再開を果たしています。

 

この時を知るファンにとってはまたか!という気持ちで残念でなりませんね。

しかも現在は、メンバーのテギョンが兵役で、軍に入隊中で5人体制の最中での警察沙汰ということになります。

 

 

 

スポンサーリンク




どのくらい酔っていた?

検挙時の血中アルコール濃度0.074%とはどのくらいの酔いなのでしょうか。

 

一般的に0.05~0.10%は「ほろ酔い期」と言われています。

ビールなら1〜2本、日本酒では1〜2合程度で、ほろ酔い気分、理性が失われる程度の酔い方と言われています。

これでは、飲酒運転による事故を起こしても不思議ではありません。

 

むしろ、人身事故を起こさなくて良かった、とらえてもいいかもしれませんね。

 

平昌オリンピックヘッドライナーショーは?

所属事務所JYP側は、今回の飲酒運転について、

 

「Jun.Kの飲酒運転について心よりお詫びする。本人も深く反省している」

 

としながらも、

 

「今後の全ての活動を中止し、海外のパートナー会社と契約が結ばれている日程についてのみ活動ができるかどうか決定するようにする」

 

とコメントしています。

つまり海外の公演や、イベントのみ相手方の意向を尊重して決定していくようです。

韓国国内ではしばらくジュンケイさんの活動は見られない可能性が高いですね。

 

また、JYP側は全アーティストに専属の代理運転業者を指定し代理運転の費用も支払う制度を取っていたようですが、その甲斐なく今回の飲酒運転、しかも2PMにとっては2回目という残念なトラブルとなっていました。

 

そして、2PMは上述の通り、入隊中のテギョン不在の5人体制ではありましたが、2月19日に、現在開催中の平昌オリンピック関連イベントとして、

「平昌オリンピックヘッドライナーショー」

を控えています。

このショーには、入隊中のテギョンも立ち6人の完全体での記念すべきステージになる予定だっただけに、残念ですね。

ジュンケイさんを除いた5人でのステージになると予想されます。

 

ジュンケイさんは

 

「『2PM』がみんなで永遠に歩んで行くことになった。それぞれの信頼があったから、ここまで共にできた。ファンに感謝している」

 

と、事務所との再々契約にコメントしたばかり。

 

6人のステージが幻に終わりそうですね^^;

 

活動再開時期はいつ頃?

活動中止を発表したばかりですので、再開時期については明らかではありませんが、ニックンの飲酒運転事故の際には3カ月程度での活動再開でしたので、同様であれば、春~夏ごろの活動再開の可能性が高そうですね。

 

メンバー6人での活動に向けて、プライベートも気を付けてほしいものですね。

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!