相澤病院(相沢病院)での小平奈緒の普段の仕事と年収は?採用した理由がかっこいい!

日本中が小平奈緒選手の金メダルに歓喜しましたが、所属先が大企業ではなく相澤病院と言う聞き慣れない病院である事はご存知でしょうか。

小平奈緒選手と相澤病院の関係、そして普段相澤病院で行っている仕事について確認します。

気になる年収も確認します。

 

スポンサーリンク




小平奈緒金メダル

韓国で行われている平昌オリンピック。

2月18日に行われたスピードスケート女子500メートルで、日本選手団主将の小平奈緒選手が見事オリンピックレコードで金メダルを獲得しました。

羽生結弦選手に続き2個目の金メダルということで、私たちも清々しい月曜日を迎えることができましたね。

一生懸命がんばっている選手の勝ち取った金メダルは本当に私たちに感動与えてくれます。

 

 

相澤病院とは

小平奈緒選手の所属先が相澤病院と言う医療機関であることをご存知でしょうか。

 

相澤病院について確認します。

 

正式名称: 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院
標榜診療科: 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、リウマチ科、眼科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、泌尿器科、産婦人科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、麻酔科、歯科口腔外科、腫瘍精神科、心臓血管外科、小児外科、精神科、神経内科、皮膚科、糖尿病内科、腎臓内科、内視鏡内科、人工透析内科、疼痛緩和内科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、気管食道外科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、臨床検査科、救急科
許可病床数 :460床

一般病床:460床
機能評価 :一般病院2(500床以上)(主たる機能):3rdG:Ver.1.0~付加機能評価(救急医療機能)
開設者 :社会医療法人財団慈泉会
管理者 :相澤孝夫(院長)
開設年月日 :1908年1月10日
所在地 :〒390-8510長野県松本市本庄二丁目5番1号

 

正式名称は社会医療法人財団慈泉会 相澤病院(しゃかいいりょうほうじんざいだんじせんかい あいざわびょういん)で、長野県松本市本庄にあります。

長野県初の地域医療支援病院ということで中信地方救急指定病院にもなっており、地域の中核を担う病院出ることがわかります。

 

診療科も多く、患者さんとしては、地元にこのような何でも見てくれる病院があると安心ですよね^^

 

スポンサーリンク




採用の理由は?

小平奈緒選手がこの相澤病院に所属、勤務を始めたのは2009年にさかのぼります。

私たちのイメージではアスリートは大きな企業や実業団に所属し大会やオリンピック等に向けて練習を重ねていくと言うイメージです。

小平奈緒選手ほどの有望な選手でも採用してくれるところがないのは驚きですね。

 

信州大学時代に怪我をした小平奈緒選手は、卒業間近の2009年3月に結城監督と相澤理事長を訪ねたそうです。

小平奈緒選手の希望は、長野を拠点に卒業後も結城コーチの指導を受けたい、ただそれだけ。

当時の採用企業探しは困難を極めていたようで、相澤理事長は

 

「高給優遇はできないが、大卒の事務の人を雇用するぐらいの給料で我慢してもらえれば、1人ぐらいは何とか支援できる」

 

と行ったそうです。男前ですね!!

 

採用した理由が語られたインタビューがあります。

 

広告宣伝のためというわけではなく、小平選手のコーチである信州大学の結城匡啓教授から「こういうご時世なので採用してくれる企業がなかなか見つからなくて、相澤病院で採用してくれないか?」と相談を受けたことがきっかけだそうです。 相澤理事長と塚本事務局長の間で相談し、「スポーツ障害予防センターという打って付けの部署もあるし、一生懸命頑張る選手を応援してあげたい」という気持ちで採用を決めたそうです。

引用:GLOBAL HEALTH CONSULTING

 

 

小平奈緒選手のスポーツに打ち込む姿、そして、その知識と技術を地域の方々に向けて活かすことができるこれも、相澤理事長を動かした理由のひとつかもしれませんね。

 

 

 

 

普段の仕事と年収は?

2009年4月から、小平奈緒選手は相澤病院の職員となります。

配属は、「スポーツ障害予防治療科」。

実際の作業内容については、明らかにされてはいませんが、この科は、

 

スポーツ障害の予防・治療を専門とした施設です。スポーツ障害の治療は、年齢、性別、種目、ポジションなど複雑な要素を考慮しながら行う必要があります。そのため、専門性の高い医師による診断と原因の検索、それに基づく理学療法士、トレーナーによるリハビリテーションを主体にした治療

 

と標榜していますので、訪れる患者(アスリート)の支援業務について仕事をしている可能性が高いです。

 

現在、相澤病院が小平奈緒選手に支援しているものとしては、

 

  • 給料
  • 家賃
  • ビジネスクラスのアップグレード費用

 

などで、年間1000万円ほどを支払っているのだそうです!

もちろん、このうちの大半はスケートの活動費用としていると思われます。

 

現在、勤務9年となり、大学卒の事務職員(笑)の給料からスタートしていますので、現在の純粋な年収は400~500万円くらいと予想されますね!

相澤病院としても、勤務をしてもらって、結果的に病院の広告効果もあり、しかも金メダルを獲得。

2009年の採用は、間違いない採用であったことは言うまでもありませんね。

 

相澤理事長は小平奈緒選手について、

 

「患者さんは、スケート選手がいるから来るわけじゃない。ちゃんと治してもらえるかでしょ。僕は一生懸命頑張っている一人の女性を応援したいだけ」

「僕らの誇り」

 

と語っています。

オリンピックが終われば、また、病院の職員として勤務をしながら、競技を続けていくことになります。

相澤病院と手を組んでがんばっていって欲しいですね!

 

 

 

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告