ヨシダナギの彼氏や結婚について確認!過去にプロポーズしてきた男性と理想のタイプは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界の部族を撮り続けるフォトグラファー(カメラマン)・ヨシダナギさん。

3月11日放送の『行列のできる法律相談所』で特集されます。

美人な方ですので、気になる彼氏や結婚の有無について確認します。

過去にプロポーズをしてきた男性についても確認します。

 

 

スポンサーリンク




ヨシダナギ

 

 

本名:非公表
生年月日 :1986年
出身地 :東京都
血液型: A
身長 :165cm

 

「ヨシダナギ」さんという活動名は本名ではないようです。

カタカナである理由については

 

「わざわざ本名でもない活動名に漢字をあてはめる作業が非常に億劫だった」

 

としています。

 

幼少期にテレビで見たアフリカの民族”マサイ族”に憧れを持ち、これが現在の世界を飛び回るフォトグラファーという仕事に結びついているようです。

学生時代はいじめにもあい、不登校の時期があり、その頃にインターネットで知り合った出版社の人物との出会いから、ネットアイドルとして

活躍します。

 

過去のいじめや、両親の離婚など様々な環境から、自殺行為まで経験したヨシダナギさんでしたが、一人暮らしで性格や考え方が変わったのか、アイドル活動は引退し、イラストを描いたり、写真を撮ったりという、現在の活動へと歩んでいくことになります。

 

幼少期のマサイ族との出会いが現在のヨシダナギさんを形成していることは言うまでもありませんね。

 

2017年に放送された、テレビ番組『クレイジージャーニー』では「服を脱ぎ民族と同じ姿になる写真家」として紹介されました。

 

そのニックネーム通り、現地に入ると、彼女たちの文化に敬意を示すためにも同じ格好になるのだそうです。

パンツまで脱ぐらしいですよ^^;

上記のクレージージャーニーではモザイク画像で放送されたことから、モザイク無しのヨシダナギさんの画像を見たい方々が、「モザイク無し・加工無し」と検索しているようです(笑)

 

ちなみにヨシダナギさんは自分自身のことを「下ネタ大好きフォトグラファー」と呼んでいます^^

 

 

 

 

 

 

 

ヨシダナギの彼氏や結婚は?

 

世界を飛び回っているヨシダナギさん。

これまでに結婚の情報は無く、独身のようです。

 

また。これまでに噂になった男性や彼氏の存在も無いようです。

 

ヨシダナギさんは過去の記事でかっこいい男性について、

 

・ビジュアルさえカッコ良ければカッコイイのではないか

・「コイツだ!」と決め込んだ一人の女性を生涯守り通せる男がカッコイイのではないか

 

とも語っています。

ちなみにヨシダナギさんがかっこいいと思う有名人としては、蝶野正洋さんフリーザのようです(笑)

 

言うまでもなくアフリカ人のイケメンは大好きなようです。

過去に出会った少数民族にもイケメンはいらっしゃったようで、特に、エチオピアのアファール族とニジェールのボロロ族は見た目も、性格もイケメンというナイスガイだったようです。

 

お綺麗な方ではありますが、世界を飛び回っている多忙な仕事ですから、お付き合いする男性は、遠距離恋愛になりそうですね。

そもそもアフリカ人への憧れを考えると、我々日本人男性への興味は少ないのかもしれません(蝶野正洋さん以外(笑))

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




プロポーズしてきた男性は?

ヨシダナギさんは過去にプロポーズされた経験があるようです。

 

それはコマ族の長老です!年齢は60歳くらいのかわいいおじいちゃんだったとか。

 

コマ族の前で「脱ぎたい」と申し出たところ、コマ族のおばちゃんたちにはやめるように制止されたらしいですが、それでも脱いだら、コマ族の歓迎の舞が始ったようです。

白人はどこかアフリカ人を見下しているところがあり、下着までは脱がないだろうと思っていたらしく、同行していた通訳も「お前クレイジーか!?」と驚いていたようです。

冷やかしではなく、本気なのが伝わったのでしょう。

 

コマ族の長老は、

 

「5番目の奥さんにならないか」

「潔い女は好きだ」

 

とプロポーズされ、

 

「来世でお願いします」

 

と丁重に断ったようです。

 

ヨシダナギさんとしては、パンツを脱ぐ恥ずかしさより、パンツの柄の方が恥ずかしかったそうです^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!