稲村亜美 中学生らに法的措置をとったらどうなる!?強制わいせつなら懲役も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

3月10日に神宮球場で行われた日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開会式で、タレントの稲村亜美さんが球児に取り囲まれるハプニングがありましたね。

連盟の謝罪や、稲村亜美さんのコメントも出ていますが、稲村亜美さん側が中学生に法的措置を検討した場合にどうなるのか確認していきます。

 

スポンサーリンク




始球式で集団暴行騒ぎ

 

 

神スイングで知られる、タレントの稲村亜美さんは、3月10日に神宮球場で行われた日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開会式に参加しました。

始球式で中学生の球児が整列位置を離れ、稲村亜美さんににじり近づくと、他の球児達も一斉に駆け寄り、稲村亜美さんが数千名に取り囲まれる騒ぎでした。

その様子は集団暴行とも、集団強姦と見える悲惨な状況で、ネット上でも強く非難の声が出ています。

稲村亜美さんは中学生らに、

 

  • 押し倒された
  • 体を触られた

 

のではないかと言われています。

 

 

 

稲村亜美の否定は気づかい?

稲村亜美さんは今回の騒動に対し、SNSでは逆に中学生を気づかうコメントを発信しています。

 

関東リトルシニア開会式の始球式をさせていただきました!!!選手の熱気がすごく伝わってきて色々とハプニング?も起きてしまいましたが、みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました😵✨怪我がなければいいことを祈ります😭😭😭😭わたしの出身でもあるシニアリーグの始球式をさせてもらうなんて中学生の頃は夢にも思ってなかったので不思議な気持ちです!笑 今までお世話になったコーチ監督、保護者の皆さんに改めて感謝です!!!!選手の皆さんの健闘を祈ります!!!!!

稲村亜美さん(@inamura_ami)がシェアした投稿 –

 

また、3月13日のめざましテレビでは、かのようにコメントしボディタッチは否定しています。

これが本当であればいいのですが、相手が中学生ということもあって、稲村亜美さんが配慮し、触られたことを我慢している可能性も考えられますね。

 

 

相手が未熟な中学生ですので、稲村亜美さんの対応は大人としては素晴らしいとは思いますが、実際はどうなんでしょうね

 

 

 

 

スポンサーリンク




法的措置を取ったら

もしも、仮に稲村亜美さんや稲村亜美さんの事務所が、今回の連盟や中学生らに法的措置を取った場合を確認してみます。

 

もし稲村亜美さんが体を触られたのだとしたら、

 

  • 公共の場での痴漢行為として東京都迷惑防止条例第5条1項に抵触
  • 刑法176条『強制わいせつ罪』

 

が該当する可能性がありそうです。

強制わいせつの刑罰としては一般的に、

 

6月以上10年以下の懲役

 

で、罰金ではないそうです。

 

わいせつは

 

相手が嫌がっている・拒んでいるにもかかわらず、つぎのような行為を強引にする行為。

抱きついたり、キスをしようとする

女性の乳房をもてあそぶ

陰部をさわったり、手指でもてあそぶ

陰部を相手に押し当てる

 

と、定義されます。

また、被害者の年齢にも注目で

 

被害者が13歳以上の場合は、暴行・脅迫が必要になります。

被害者が13歳未満ならば、暴行・脅迫なしでも強制わいせつ罪は成立します。

 

稲村亜美さんは22歳ですので、暴行や脅迫があったかがポイントになるようです。

 

ただ、今回は相手が中学生であることで刑事未成年ということで、刑法上の犯罪にはならないようです。

 

もしけが人がでていたなら、主催者には損害賠償請求される可能性もあるようです。

 

上記ツイッターのように、稲村亜美さんを触ったことを武勇伝のごとく語る人もいますが、大声を張り上げて制止しようとした球児もいたことを考えると、各家庭の躾の違いなのかなぁとも感じますね。

 

タレントの有吉弘行さんは、ラジオでこの事件に触れ、

 

「リアル『ウォーキング・デッド』だよ!」

「めちゃめちゃ怖かったよ!」

「中学生の性欲をなめちゃいけない」

「コーチなり係員なりがすぐに行かないと抑えきれない」

「衝撃的だった」

 

と語っています。

まったくその通りですね。

中学生といえど、性欲は大人顔負けの子もいますので、本当にこのようなことが無いように反省して欲しいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!