北野武 独立の原因は大杉漣の死?寺島進らとの映画製作はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビートたけしこと映画監督の北野武さんが自身の事務所オフィス北野を離れ、独立すると報じられました。

新事務所の名前は「T.Nゴン」で、3年前に設立済みとのこと。

自分の時間を増やしたいとの事ですが、大杉漣さんの私が関わっている可能性もあるかもしれません。
独立する理由と原因について確認していきます。

今後の映画製作も気になるところです。

 

 

スポンサーリンク




北野武独立報道

 

漫才師ビートたけしこと、俳優、映画監督の北野武さんが3月いっぱいで、所属事務所『オフィス北野』を離れるという報道がありました。

オフィス北野の森昌行社長によると、北野武さんは3月いっぱいで事務所を退社して独立すると、しています。

 

理由については、北野武さんから

 

「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」

 

という申し出があったからだそうです。

 

北野武さんはすでに自身の所属事務所を構えており、自らが作った事務所を離れ独立すると言うのは少し違和感を感じますね。

ただ、北野武さんが言う通り、自身の事務所とは言え、たけし軍団や所属俳優などを多数抱えているということを考えると、北野武さんにのしかかっている重圧や責任は計り知れないものがあるでしょう。

 

これまで北野武さんについてきた、たけし軍団のメンバーや所属俳優の皆さんも、北野武さんに帯同する意思を出す方もいらっしゃるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

独立を決めた原因は?

北野武さんが独立する理由は自分自身が時間を増やしたいと言う事ですがその原因となったのはなんなのでしょうか。

 

現在も多くのレギュラー番組を持つ北野武さん。

テレビ番組のみならず映画制作など長年多忙な生活を送られてきていると思いますが、このタイミングで独立となった原因が気になります。

 

明らかな原因は報じられてはいませんが、2018年3月いっぱいでの、退所と言うことで、キリの良い年度末でもあります。

もともとこのタイミングで独立を考えていた可能性もありそうです。

ただ、年齢も71歳。

娘の北野井子さんも再婚をするわけでもなく、人生の節目という印象は受けませんね。

 

報道によれば、既に3年前に設立した『T.Nゴン』が新事務所となるとされています。

ゴンは愛犬の名前からとっているようです。

その会社は愛人と報じられた18歳年下の女性と進めていくとの報道もありますが、真偽のほどは定かではありませんね。

 

 

 

最近、北野武さんの身の回りで起きた出来事と言えば、大杉漣さんの死去がありました。

自身のレギュラー番組でも涙ぐむ姿が映し出され視聴者に大きな悲しみを伝えることとなりました。

 

長年共に歩んできた、大杉漣さんの突然の死が、北野武さんに少なからず何らかの心境の変化をもたらした可能性はありそうです。

 

仕事中心で頑張ってこられた北野武さんですが、突然訪れる人生の終わりに、今までしてこなかったことをしていきたいと感じたのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク




映画製作はどうなる?

北野武さんというと、世界のキタノとして、映画監督として世界的な評価も受けています。

今後の映画製作も少なからず影響が出ることは明らかです。

 

「年齢的にも体力的にも、70歳を過ぎて自分でやりたいこともあるし、今後の残された人生を考えていく上での新境地でしょうか」

「屋台骨だった人。大黒柱でしたから、今後は社名の変更も含めて規模縮小も考えなければならない」

「新境地ということなんでしょう。以前から、そういう(独立の)思いでいるという動きはありましたが、ここにきて加速したということです。今のところ、たけし軍団を連れて行くという話は聞いていないです」

「けんかしたつもりはないです。たけしさんの要望を聞いて、私からも見解はいろいろうかがいました」

 

と、オフィス北野の森昌行社長が円満退社であることは語っていますので、ある程度計画をしていたと思われます。

 

映画製作については少なくともオフィス北野での映画製作はしなくなる方向の可能性が高そうですね。

 

自分の時間を増やしながら映画製作を継続するのか、映画からもしばらく離れて行くのかも今後の動向が気になります。

 

また、寺島進さんら、北野映画に欠かせない俳優さん達の動向も注目する必要がありそうです。

 

【追記】

報道を受け、たけし軍団を始め、関係する方々がコメントを出しています。

 

ガダルカナルタカさんは出演した静岡のローカル番組で、

 

「軍団が一緒にいくと結果は(これまでと)一緒。たけしさんが少しでも楽に自分のペースで仕事ができるように、我々は残って今まで通りの仕事をする」

「おまえらだけで仕事やってけるかって言ったら不安だろ」と答えていた。

「本格的に(独立)しようかな」と話していた

軍団の絆は「変わらない」

「我々はオフィス北野で仕事をして、たけしさんは新しい事務所で仕事をする形」

「オフィス北野は「愛着もあるから残していきたい気持ちもある」

「ただ(たけしは)自分がいないのにオフィス北野って会社があるのも気持ち悪いと思う」

 

と語り、帯同しないようです。

 

また、ダンカンさんは自身のブログで、

 

「ご心配なく。殿とたけし軍団は永久に不滅です!」

 

と、残し不安を一掃しようと明るいブログ内容にしています。

 

そのまんま東こと、東国原英夫さんは取材に対して

 

「この件に関しては、コメントを差し控えさせていただきます」

「それは分かりません。師匠なりのお考えがあってのことでしょう」

 

とコメントしています。

すでにオフィス北野を離れているので慎重なコメントになったのでしょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!