ムンジェイン大統領も逮捕の可能性!?イミョンバク逮捕で平昌五輪やサムスンは大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

韓国のイミョンバク元大統領(李明博)が逮捕されるニュースが報じられました。

パククネ(朴槿恵)前大統領に続き、韓国では4人目の大統領経験者の逮捕となります。

現大統領のムンジェイン大統領も逮捕の可能性はあるのか確認します。

 

 

 

 

スポンサーリンク




イミョンバク逮捕

 

 

韓国のイミョンバク元大統領(李明博)が3月23日に韓国検察に逮捕されました。

大統領経験者が逮捕されるのは、パククネ(朴槿恵)前大統領に続き韓国では4人目となるようです。

 

イミョンバク氏の逮捕理由は収賄や横領、職権乱用の容疑とされています。

 

具体的には、

 

国家情報院に特別活動費を上納させた

イミョンバク氏が所有すると言われる自動車部品会社を通じて秘密資金を作った(訴訟費をサムスングループに肩代わりさせた?)

 

 

このうち、国家情報院からの上納金は、対北朝鮮工作に充てたとの趣旨で認めているようです。

検察によれば、約350億ウォンの横領など計十数件の容疑がかけられているようです!

 

一回の逮捕で数十件の容疑には驚きますね!

しかも大統領在職期間中の容疑ですので、ほんとに政治活動してたの?という疑問も持ってしまします。

 

 

イミョンバク氏といえば

 

  • 2012年8月10日に韓国大統領である李明博が竹島に上陸
  • 2012年8月14日に「天皇が韓国に来たければ独立運動家に謝罪せよ」と要求

 

などに、挙げられるように、日本との外交を悪化させた大統領の印象がありますね。

 

しかし、イミョンバク氏は実は大阪市の出身で、月山明博という名前が通名であったようです。

 

政治の世界はお金や、権力が渦巻いているのだなと、改めて実感する逮捕ですね。

 

 

 

 

フェイスブックで覚悟?

イミョンバク氏は容疑の大半を否認しているということで、ムンジェイン大統領の左派政権による旧保守政権への「政治報復だ」として強く反発してきていました。

検察もこの行動が引き金になったかどうかは分かりませんが、イミョンバク氏が証拠隠滅の恐れがあるということで、逮捕に踏み切ったようです。

 

イミョンバク氏は3月22日の自身のフェイスブックで、

 

「誰かを恨むというより、全ては私のせいだという心情で、自責の念を感じる」

 

と、腹をくくったかのようなコメントを残していますので、自分自身に逮捕が迫っていることは自覚していた可能性は高そうです。

 

容疑は何であれ、一時代を任された大統領が、証拠隠滅をするかもしれないと疑われるというのは残念ですね。

 

 

スポンサーリンク




ムンジェイン大統領も逮捕の可能性?

イミョンバク氏、パククネ氏、と連続で、しかも同時期に逮捕、収監されたとなると、ムンジェイン大統領は大丈夫?と疑ってしまいます。

実際のところ、ムンジェイン大統領の逮捕の可能性はあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、現在のところ逮捕の可能性をにおわせるような出来事はありません。

ただ、イミョンバク氏もパククネ氏も在任中は逮捕される疑いというのはありませんでしたので、仮にムンジェイン大統領が怪しい行動をとっているとしても、それが世に出るのは、先のことになるでしょう。

つまり将来の逮捕の可能性までは分からないということになりそうです。

 

ムンジェイン大統領については、先日まで開催されていた、平昌オリンピックで女子アイスホッケーチームに北朝鮮チームを加える政治利用をするなど、すでに不人気度も高まっていますね^^;

国民からの不信感が募ると、ムンジェイン大統領の周辺にまで、国民の目が向きますので、思わぬ汚点が見つかってしまう可能性が高まります。

 

誠意ある政治を行っていってほしいですね。

 

また、最も注目するべき点はサムスンであるように思います。

イミョンバク氏もパククネ氏も、韓国の財閥である、サムスンとのお金のつながりがあったようです。

 

 

昨年は、ムンジェイン大統領が2005年に「サムスンXファイル」事件を捜査する特別検事の設置を妨害したとの疑惑が浮上したというトピックスもありましたので、韓国財閥の代名詞でもあるサムスンとの関係性を注視していくといいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!