ムネリン 引退!理由と嫁や家族の現在は?引退後の仕事は実家で電気工事士の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ソフトバンクホークスで、ムネリンの愛称で知られる、川崎宗則選手が引退を発表しました。

明るいキャラクターと、若すぎる引退は残念ですが、引退の理由や、嫁や家族の現在、引退後の仕事について確認していきます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




ムネリン引退!

 

 

昨年、日本球界に復帰し、古巣ソフトバンクホークス所属となった、ムネリンこと川崎宗則選手。

今年、2018年はまだ、福岡ソフトバンクと契約を結んでおらず、そのまま現役引退の意向を固めたと、3月25日に報じられました。

 

引退の理由は両アキレス腱痛であるとみられています。

ムネリンが戦線離脱したのは2017年夏で、で戦線離脱。

筑後のファーム施設でリハビリを開始したしたものの、結果とした引退に至ったことになります。

米メジャーリーグの天然芝で5年感プレーした感覚を残したまま、日本の人工芝に対応できなかったことが原因ではないかと考えられています。

当時、

 

「蓄積したものだと思う。ずっと人工芝でやって、怪しいなと思ってた。今までにない感じ。初めてのこと」

「無理していこうと思えばいけたかもしれないけど、大ごとになる前にしっかり炎症を取ろう」

 

と語っていました。

 

今回に引退については正式なコメントは発表されていませんが、

 

「すごく心配してもらった。いつかは約束できないけど、どこかで報告ができたら」

「球団には誠意を尽くしてもらった」

 

と関係者に漏らしているようです。

メジャーリーグ時代のあのひょうきんな英語パフォーマンスやプレーは、野球に詳しくない方でも楽しませてもらいましたね!

 

有吉・マツコの怒り新党でも特集されるなど、その元気なキャラクターが印象的ですので、やはくアキレス腱の状態をよくしていってほしいですね。

 

 

 

 

 

 

嫁や家族の現在

今回の引退は我々ファンにとっても残念なニュースですが、一番身近で見守ってきた嫁や家族にとっても、大きな決断だったことでしょう。

 

川崎宗則さんの嫁は、2011年に元グラビアタレントの原田麻衣さんと結婚されています。

 

 

タレントをされていただけにとても可愛く、家庭的な奥様のようです。

そして2013年に長男逸将くん、2016年に長女をさずかり、2児のパパということになります。

ムネリンはその印象通り、子煩悩なようで、家庭の様子も周囲にはよく話すようなので、家庭円満である可能性は高そうです。

 

嫁もすでに芸能界は引退していますので、夫の引退に関してマスコミ向けのコメントを出しているわけではありません

しかし、これまで、ムネリンを支えてきたその功績は素晴らしいものと言えるでしょう。

 

また、5歳になる長男、2歳の長女にとっては、プロ野球選手の父親の姿を目に焼き付けることが出来ず、かわいそうな気もしますね。

 

やはり早すぎる引退という印象ですね。

 

 

スポンサーリンク




引退後の仕事は?

 

ムネリンの引退後の仕事も気になります。

まずはアキレス腱の治療が優先だとは思いますが、現段階では特に手術の必要性や入院の必要性は無さそうですので、すぐにでも新たな仕事を始めるのではないでしょうか。

 

一番、可能性として高そうなのは、プロ野球解説者やスポーツコメンテーターですが、実情としてはテレビやメディア各社、枠が埋まっており、しかも、4月間近ということで新年度からの仕事としては厳しいと思われます。

 

また、そのひょうきんなキャラクターからタレント活動をする可能性も高そうです。治療の様子を見ながら並行して仕事が出来そうなので、テレビ番組でムネリンの元気な姿を見れる日は近いかもしれませんね。

 

また、最近はタレントさんも地元での仕事をされる方も少なくありません。

ムネリンは鹿児島県姶良市の出身で、鹿児島工業高校を卒業しています。

地元のタレント活動や、地元で活動している野球チームのコーチの打診もあるかもしれません。

 

そして何より、ムネリンの実家は自営業をしています。

「川﨑電気工事」という電気工事店で、ムネリン自身も電気工事士の資格を保有しています。

実家の跡継ぎという選択肢もありますが、年俸5000万円も獲得した名選手が、電気工事士として働くには嫁の了解を得ないと難しいでしょうね^^;

 

【追記】

 


 

 

川崎宗則選手が公式にコメントを発表しました。

 

昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に自律神経の病気にもなり、体を動かすのを拒絶するようになってしまいました。このような状態で野球を続けるのは、今は自分には考えられません。悩んだ末、この度、ホークス球団と協議して自由契約という形で、野球から距離をおいてみようと決断しました。

川崎宗則が元気でプレーする姿を楽しみに待ってくれている皆様には、本当に申し訳ない決断ですが、今は環境を変えて、じっくりと心と体の回復につとめます。たくさんの皆さんに心配をかけたことを申し訳なく思っています。同時に、たくさんの皆さんに応援して頂いていることに心から感謝しています。

本当にありがとうございます。

川崎宗則

 

コメントでは、自律神経疾患を患っていることを告白されました。

 

自律神経は体のオンとオフを司る神経と言われています。

活動する際には自律神経の中の交感神経が働き、休息の際には副交感神経が働くと言われています。

症状は様々ですが、この自律神経の疾患により本来の調子が出なかったことは間違いないでしょう。

 

支える家族にとっても大黒柱の体調不良ということで心配でしょうね。

 

また、ソフトバンクホークスは

 

「当球団としましては、川崎宗則選手に対して、2018年シーズンも継続してホークスにて活躍いただきたい旨をお伝えし、話し合いを続けてまいりましたが、川崎宗則選手本人の意思を最大限に尊重することとして、今回の結論に至りました」

「一旦、自由契約の手続きはとりますが、今後も川崎宗則選手本人との話し合いは続け、引き続き、福岡ソフトバンクホークスのみならず、野球界に貢献していただけるような形となるように、検討してゆきたいと思います」

 

と、今後も川崎宗則選手との交渉を続けることを発表しました。

ソフトバンクホークスのムネリンに対する愛を感じますね!

このように、復帰を待っていてくれる球団があれば、ムネリンにとっても安心して治療に専念できるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!