井上慶太九段の嫁と年収を確認!嫁は売店職員でナンパ?藤井聡太の連勝を止める実力は当たり前か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

将棋の藤井聡太六段の連勝が16でストップしました。

連勝を止めた井上慶太九段の実力や、年収、気になる嫁の情報を確認します。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




井上慶太九段、藤井聡太に勝つ!

 

 

最年少棋士で、人気の藤井聡太六段は3月28日に、第68期王将戦1次予選3回戦を行いました。

相手は、井上慶太九段で、藤井聡太六段が破れ、16連勝でストップするという結果になりました。

 

ここまで、数々の大物を破ってきた藤井聡太六段でしたが、遂に連勝が止まってしまいましたね!

しかし、当然の結果といえば当然ともいえるでしょう。

 

プロ棋士の世界では九段が最高位とされています。

つまり、井上慶太九段は最強のプロ棋士ということになりますので、六段の藤井聡太さんよりも実力は上であることは周知の事実なのです。

 

すでに最高位を取っている、井上慶太九段にしてみれば、当たり前の結果にもかかわらず、世間が騒ぎすぎだと不愉快な気持ちになるかもしれませんね^^;

 

 

 

 

 

 

井上慶太九段

 

 

名前: 井上慶太
生年月日 :1964年1月17日
プロ入り年月日 :1983年2月4日(19歳)
棋士番号: 157
出身地: 兵庫県芦屋市
師匠: 若松政和
段位: 九段

 

井上慶太九段は若松政和棋士を師匠とする、54歳の棋士です。

藤井聡太六段には及びませんが、自身も19歳という若さでプロ棋士になっています。

中学3年生で、中学生名人戦準優勝。

翌年に高校選手権で3位となり、奨励会に入会します。

 

将棋の世界では16歳での入会はかなり遅い方とされていますが、それでも3年後にはプロ入りを果たしているあたり、実力者であることを意味していますね。

 

羽生善治棋士が七冠独占を達成した直後に破っており、「羽生七冠に初めて勝った棋士」として話題になりました。

 

若くして、プロの世界に入り、今、最高位を獲得しているのは藤井聡太六段にとってもよき先輩でありそうですね。

いずれは、井上慶太九段を超えるような実力をつけて欲しいものです。

 

 

スポンサーリンク




嫁と子供は?

 

井上慶太九段は1992年に結婚しています。

嫁の名前やプロフィールは明らかにされていません。

ひとつだけ残っている情報としては、嫁は関西将棋会館の売店職員だったそうです。

 

憶測にはなりますが、井上慶太九段がこの会館に訪れるたびに気になっていた女性なのかもしれませんね!

ナンパの印象はまるでありませんが、少ない機会をものにするためにナンパをした可能性もあるかもしれません^^;

将棋の世界はまるで出会いがなさそうな、イメージですが将棋会館にいる女性と結婚されたというのはおどろきです。

藤井聡太六段も今後、通う機会の多い場所で、運命の出会いがあるかもしれませんね。

 

子供についてはまったく情報はありませんが、年齢と結婚年を考慮すれば、成人したお子さんがいてもおかしくはありませんね。

藤井聡太六段とは親子ほど年の離れた対極であったということになりますね^^

 

 

 

年収は?

井上慶太九段の年収も気になります。

一般的に棋士は対極で獲得した賞金、講演会、指導料、将棋連盟から支給される基本給などがメインであるといわれています。

棋士の平均年収は700~800万円ほどといわれています。

もちろん勝負の世界ですので、負け続けであれば、収入も少なくなるということになります。

 

九段や竜王など、上位の棋士になると、1000万円以上の年収の方が多いようですので、井上慶太九段の年収も1000万円以上である可能性が高そうです。

 

竜王戦のようなメジャーなタイトル戦で勝つことによって多額の賞金を獲得できるようです。

竜王戦では4000万円以上、敗者にも1000万円以上が与えられるようです。

 

スポーツのように派手さはありませんが、数千万円という賞金と聞くと、一気に夢が膨らみますね!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!