手倉森誠コーチがサッカー新監督の年収(年俸)は?ハリル解任を想定していた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が電撃解任されるというニュースが飛び込んできました。

新監督候補に、西野朗技術委員長と手倉森誠コーチが候補として名前が挙がっています。

年齢的には手倉森誠コーチが有力だと思われますが、監督の年収を確認していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク




ハリル解任!

 

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が電撃的に解任されることが分かりました。

理由はただ一つ、成績の不振ですね。

そしてそれに伴う、監督としての求心力・統率力の低下だと思われます。

 

2015年3月に監督に就任し、サッカーワールドカップロシア大会まで残り3カ月での解任というあたりに、サッカー協会の苦渋の決断と、ぎりぎりまで待った感じが十分に伝わってきます。

 

3月に行われた、格下、マリ戦、ウクライナ戦では勝つこともできずやむを得ない決断と言えるでしょう。

 

後任は現在関係各所で調整中ということですが、過去日本代表を2度救ってきた岡田武史氏は監督を引退していますので、今回は期待できないところで、その中で新監督候補として名前が挙がっているのが、手倉森誠コーチです。

 

 

手倉森誠コーチが新監督なら年収(年俸)は?

生年月日 :1967年11月14日
出身地 :青森県三戸郡
身長 172cm
体重 74kg

 

手倉森誠コーチは青森県立五戸高等学校卒業後、住友金属→鹿島アントラーズと進み、1986年に日本代表ユースのミッドフィルダーとして活躍されました。

 

現役引退後の監督歴としては

 

  • 2008-2013年:ベガルタ仙台
  • 2014-2016年: 日本 U-21

 

を経験しており、2014年からはリオ五輪のU-21n日本代表監督を経験していますが、結果はリーグで3位となり決勝へは進出できていません。

オリンピック後は日本代表コーチに再任されています。

 

サッカー日本代表監督というと、大舞台の連続で、日本の応援を一身に背負い、プレッシャーも半端じゃないので、年収も高そうですね。

 

Jリーグの監督の平均年収は5000万円ほど、解任されたハリルホジッチ監督の年収(年俸)は2億7000万円と言われています。

かなり高く感じますが、それくらいの大きな仕事であるという金額でもあります。

 

過去の外国人監督もやはり億を超える金額をもらっていたようです。

ただ、過去に日本代表のピンチを救ってきた岡田武史氏は8000万円だったと言われています。

手倉森誠コーチが新監督になった場合は同等の金額をもらう可能性は高そうです。

 

感情的には、無理して監督を引き受けた岡田武史しにこそ、億超えの年俸を上げてもいい気がしますけどね^^;

 

また、コーチは指導するやりがいはありますが、現役選手や監督よりは大きく下がると言われています。

明らかな金額は分かりませんがJリーグコーチで500万円前後と言われていますので、日本代表コーチでは数千万円くらいかと予想されます。

 

 

スポンサーリンク




ハリル解任を想定していた?

 

電撃的なハリル監督解任で、手倉森誠コーチはまだ50代と年齢的にもバリバリいけそうな気がします。

U-21代表監督も経験しているので、監督歴としても任せられそうです。

 

ただ、世界的に見ると、サッカー先進国で、コーチだった人間が急に監督に昇格するというのはあまり無いようです。

監督とコーチは仕事が違うというのがその理由です。

 

そのためかねてより、

 

「ハリルホジッチがどうにもならなくなったとき、替えが利く」

 

という理由で、手倉森誠氏をコーチとして日本代表へ入閣させているのではないかという見方もされていました。

 

確かに、監督が振るわない場合に、全く選手と接触していない人を監督として招聘するには、時間的にもチーム作り的にも無理がありそうです。

 

ハリル解任を想定しての手倉森誠コーチなら、手倉森誠氏もなんとなくすっきりしない日本代表監督就任だと感じるかもしれませんね^^;

 

 

 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!