備忘録「首相案件」の作成者は誰?メモ帳のこと?信ぴょう性や有効性は柳瀬氏と担当者の接点次第か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

加計学園問題で、愛媛県知事が首相案件とされる文書が備忘録として残されていたことが報じられました。

安倍首相が加計学園獣医学部創設に関わっていたのかどうかを知る重要な手掛かりになりそうですが、そもそも備忘録とは何でしょうか?

ただのメモ紙のことなんでしょうか?

 

 

スポンサーリンク




愛媛県知事が備忘録の存在を認めた

 

 

 

学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐっては、昨年から自民党と野党が終着点の見えない攻防を行っていますね。

一般人の我々でも、首相が新設に働きかけたのかどうかは関心ある話題の一つです。

 

朝日新聞は、当時首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官が愛媛県の担当者らに

 

「本件は首相案件」

 

と述べたと記された文書が存在するとの報じました。

つまり作成者は県の担当者です。

 

ではこの県の担当者とは誰なのかというと、明らかにされていません。

県の職員か、市の職員となるのでしょうが、可能性としてあるのは、

 

  • 県または市の首長にごく近い方
  • 大学に関わる教育担当の課の幹部

 

などが想像されますね。

明らかになったら追記します。

 

この報道を受けて、中村時広愛媛県知事は同日、記者会見で備忘録として報道のような文書が存在していたと認めています。

 

本件、首相案件と書かれているあたりが、首相の関与を匂わせているところです。

菅義偉官房長官は、関係省庁に文書の有無を確認するよう指示するようですが、

 

「文書は承知をしていない」

「愛媛県と関係省庁とのやり取りに関する文書について、関係省庁に確認をさせたい」

「柳瀬氏がコメントをしている通りだ」

 

と、慎重なコメントに終始していますね。

言い切らないあたり、

当の柳瀬唯夫経済産業審議官は、

 

「自分の記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方に会ったことはない。私が外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ない」

 

と真向否定しています。

最近の官僚のニュースを見ていると、この否定もどこまで本当なんだか、と疑われても仕方ありません。

 

 

スポンサーリンク




備忘録ってメモ?

 

さてこのニュースで気になるのは「備忘録」ですね。

会議の場面などではしばしば、聞く言葉ですが、普段の生活ではなかなか使用しない言葉です。

 

備忘録とは

 

記憶すべき事柄を簡単にメモするための個人的な雑記帳

 

と定義されています。

やはり、字のごとく、忘れないために書き留めていたメモという認識で良いでしょう。

 

柳瀬唯夫経済産業審議官が、本件は首相案件であることを、愛媛県の担当者らに何らかの形で伝え、県の担当者が絶対に忘れてはいけないと思い、書き留めていたとするのが一番自然でしょうね。

 

 

野党の皆さんにとっては安倍首相を追求するには恰好の材料となりますが、ただ、あくまでもメモであり、正式、公式な文書ではないので、中身がどれだけ信ぴょう性があるのか、メモ紙一枚にどれだけの有効性があるのかを証明しないかぎりは、安倍首相の関与を示す決定的な証拠とはなりえない可能性が高そうですね。

 

柳瀬唯夫経済産業審議官も、今治市との接点を否定していますので、この接点を証明することができれば、この備忘録の価値もグンと高まりそうです。

 

また保管義務もないので、捨てられていてもなんら問題ないのでしょうが、朝日新聞がその備忘録を見つけだした取材魂も凄いですね^^;

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!