猪狩ともか(仮面女子)に倒れてきた看板はこれ!骨折手術でリハビリ回復待ちか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気アイドルグループ、仮面女子のメンバー・猪狩ともかさんが、腰の骨を折る重傷を負いました。

強風で倒れてきた看板の下敷きになったようです。

事故の現場と、倒れてきた看板を確認します。

 

 

スポンサーリンク




仮面女子・猪狩ともか重傷

 

アイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかさんが4月11日13:45頃、東京都内の歩道を歩いていたところ、強風で倒れた看板にぶつかり、腰の骨を折る重傷を負っています。

 

警視庁によると、猪狩ともかさんは病院に搬送されています。

猪狩ともかさんが倒れているところを、通行人が発見し通報したようです。

 

通行人が通りかからなければ、発見されるまでは動けなかったでしょうから、この通行人の方には心から感謝ですね。

 

 

猪狩ともかさんは4月10日に仮面女子のスペシャルライブを終え、4月11日は仕事はオフ。

 

 

自身のツイッターやブログは更新していますが、当時おそらく徒歩でひとりで出かけていたと思われます。

 

 

 

 

東京都内は強風注意報が発令されており、13:10の最大瞬間風速は23.2メートルであったことから、この強風で看板が倒れてきたものと思われます。

 

所属事務所関係者は

 

「詳細は分かりませんが、現在入院中です。今後の活動についても分かりませんが、回復を待つしかありません」

 

と、状況が把握できていないようでしたが、公式ツイッターを遅れて更新しています。

 

手術を受けたということで、活動はしばらくはできないと思われます。

日常生活ができるようにリハビリをしないといけないでしょう。

 

【追記】

 

 

 

手術が終わり、ICUでの絶対安静である旨が更新されました。

しばらくは活動は絶望的ですね。

 

スポンサーリンク




倒れてきた看板はどれ?

 

猪狩ともかさんは、文京区にる湯島聖堂近くの歩道を歩いていたと言われています。

 

湯島聖堂は1690年に徳川綱吉が創建したと伝えられています。

近代教育発祥の地とも言われ、敷地は広く、季節の花々は木々が生い茂り、都内の癒やされる自然風景が残っています。

 

その広い敷地から、敷地内の生ざまな場所に案内用の看板も多く存在しています。

 

今回、猪狩ともかさんに倒れてきた看板はこれです。

 

 

 

 

 

今回、猪狩ともかさんに倒れてきた看板は木製で、縦2.8m×横3.8mの非常に大きな看板です。

木製ということで、非常に重いことも想像でき、数十キロ~100キロぐらいの重さがあったのではないかと予想されます。

 

 

強風にあおられる看板の存在に気づけなかったのか、気づかなかったのか、例えば歩きスマホやよそ見などをしていると風にあおられている看板に気づかなかった可能性はありますね。

 

その重厚につくられている看板をなぎ倒した強風の凄さにも驚きですが、いくら若い女性とはいえ簡単には骨折しそうにない腰の骨を折る衝撃にも背筋が凍りそうですね。

 

一日も早い回復を祈りたいと思います。

 

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 名無しの権兵衛 より:

    倒れる前の看板とおぼしき画像を見つけました。
    https://blog-imgs-49-origin.fc2.com/m/e/m/memorandum95/20140106230133634.jpg
    こんなのに直撃されたら、相当痛かったでしょうね。本当にお気の毒です。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!