富岡恵美子(藤井聡太偽サイン色紙転売)の年収や余罪は?他に転売したサインは何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

将棋界のニュースター藤井聡太四段(当時)の偽サイン色紙を転売したとして、富岡恵美子容疑者が逮捕されました。

富岡恵美子容疑者の、動機と年収を確認します。

また、余罪についてもありそうですので、他に転売したサイン色紙についても確認します。

 

 

スポンサーリンク




藤井聡太四段の雑すぎる偽サイン色紙

 

話題の高校生棋士、藤井聡太六段の偽物のサイン色紙をメルカリで売った、富岡恵美子容疑者が逮捕されました。

 

■富岡恵美子

■住所:東京都文京区水道1丁目

■職業:派遣社員

■年齢:43歳

 

逮捕した愛知県瀬戸署によると、

 

  • 2017年8月4日ごろ、偽サイン色紙を販売
  • 金額は5670円
  • 購入者は偽物と知らずにさらに転売
  • 落札情報を目にした愛知県瀬戸市の男性が情報提供し捜査
  • 藤井六段本人に問い合わせ偽物と発覚

 

と、いうことです。

 

問い合わせを受けた藤井聡太六段もとんだとばっちりですね^^;

問い合わせに対し、

 

「筆跡が違う」

「持ち駒の香車の数が違う」

 

と回答したようです。

 

実際に画像を確認すると、かなりクオリティの低い偽サイン色紙であることが分かりますね。

購入した男性もさらに転売するという、あきれた始末ですので、弁解のしようもないでしょう。

 

藤井聡太六段は、自身のサイン色紙に詰め将棋を描くことが知られており、富岡恵美子容疑者はネット上の画像から、真似たものと思われます。

書き間違いもあり、かなり雑なクオリティと失笑されるレベルであります^^;

 

 

スポンサーリンク




動機や余罪、年収は?

 

富岡恵美子容疑者は動機について

 

「小遣い稼ぎだった」

 

と語っていますので、自身の収入に不満があったものと思われます。

年齢的には結婚していてもおかしくないですし、独身であれば派遣社員とはいえ給料はすべて自分で使えるので、そこまでの不満は生まれにくいのではと思います。

結婚すると、家族のために給料はみるみる消えていきますので、小遣い欲しさにメルカリを始める方も少なくありません。

 

派遣社員もピンからキリまで様々ですが、富岡恵美子容疑者の年齢での平均年収は300~350万円ほどと考えられます。

 

家族にとっては、とんだ恥となってしまいますね。

 

また、将棋の加藤一二三九段や平昌五輪の出場選手のサインも売ったという趣旨の供述をしているようです。

カーリング娘のみなさんや、高木美帆さんらが話題の人でしたので、その時期で話題の人に照準を絞ってこれまでにも偽サイン色紙を売りさばいた可能性は高そうです。

 

 

富岡恵美子容疑者のアカウントはすでに削除されている可能性が高いですが、メルカリで、「加藤一二三 サイン」「平昌五輪 サイン」と検索すると以下の様な結果になります。

 

メルカリ「加藤一二三 サイン」

メルカリ「平昌五輪 サイン」

 

サインは本人から書いてもらうのが、一番価値があり思い出になりますね^^

 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!