ファーガソン氏(マンU元監督)脳出血で緊急手術成功!原因と今後の治療は?長年の生活習慣が影響か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

長年、マンチェスターユナイテッドの監督を務めてきたファーガソン氏が脳出血で緊急手術を受けたことが分かりました。

原因と今後の治療と、ネット上の反応を確認します。

 

 

スポンサーリンク




ファーガソン氏緊急手術

 

本名: アレクサンダー・チャップマン・ファーガソンAlexander Chapman Ferguson
愛称 :ファギー、ヘアドライヤー

国籍:スコットランド
生年月日: 1941年12月31日
出身地: グラスゴー

 

現役時代はFWとして活躍されたファーガソン氏は指導者の道へ進むと、様々なチームの監督として活躍してきましたが、特にマンチェスターユナイテッドでは通算1500試合、895勝の成績を残したまさに名将です。

その短気ですぐに熱くなる様子からヘアドライヤーといニックネームも付くなどエピソードも多く残しています。

 

 

イギリスメディアのBBCによると、5月5日に脳出血の緊急手術を受けたようです。

クラブの声明によれば

 

「手術は無事成功しましたが、回復のために集中治療を受ける期間が必要です」

 

としていますので、現状は油断できない状況であると感じますね。

4月29日にもオールド・トラフォードに赴き、ヴェンゲル監督に記念のトロフィーを贈る姿を見せたばかりでしたので、急病であることが伺えます。

 

 

原因と手術後の治療は?

先月まで元気な姿を見せていただけに脳出血に至った原因が気になります。

これまでに具体的な脳出血に至った経緯は明らかにはなっていません

 

脳出血とは

 

頭蓋内の出血病態の総称であり、一般には脳溢血(のういっけつ)として広く知られている。脳出血は脳内への出血と脳周囲への出血に分類される

・脳内出血(いわゆる脳出血のことで、高血圧性脳出血を含む)
・クモ膜下出血
・慢性硬膜下血腫
・出血性脳梗塞

<引用元:Wikipedia>

 

とされています。

ファーガソン氏は間違いなく急性の脳出血といえるのではないでしょうか。

 

一般的には脳出血の原因は生活習慣と高血圧と言われています。

長年ハードな仕事でのストレスも多かったでしょうし、移動なども多く、規則的な生活は遅れていなかったのではないでしょうか。

すぐにカッとなる短気なところも一気に血圧を上げてしまうことになります。

 

長年の蓄積が今回現れてきたということでしょう。

 

今回の手術では頭の中の血の塊や、溜まった水を取り除く治療が行われたものと思われます。

今後は血圧を管理して、出血量を抑え、今回の出血により引き起こされた後遺症についてはリハビリをしながら改善していくことになるでしょう。

 

 

スポンサーリンク




ネット上の反応

名将の急病ということでネット上にも驚きの声が多く出ています。

 

一日も早い回復を願いたいですね!

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!