公益財団職員・坂井圭一郎が女性のスマホをのぞき見した遠隔監視アプリは何?フェイスブック画像は本人か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公益財団法人の職員男性・坂井圭一郎容疑者が、女性のスマホに遠隔監視アプリを勝手にインストールし、のぞき見していたとして逮捕されました!

インストールの手口と、遠隔監視アプリとはどういうものか確認します。

また、フェイスブックで本人の画像を確認します。

 

 

スポンサーリンク




女性のスマホを覗き見!

 

陰湿な手口で、女性をのぞき見した男が逮捕されました!

福岡県警は、福岡県東区に住む団体職員の男性・坂井圭一郎(43)を不正指令電磁的記録供用の疑いで5月7日に逮捕しました。

 

この男性は公益財団法人国際人材育成機構九州支局(略称:アイムジャパン)の職員です。

 

名前でフェイスブックを検索すると、アイムジャパン勤務の福岡県在住の男性がヒットします。

ただ、本人かどうかの確証は得られませんので、興味のある方は検索結果をご覧ください

 

坂井圭一郎のフェイスブック検索結果

 

 

 

 

 

当局は日本の社会と産業の健全な発展、開発途上国の経済発展に寄与することを目的に、人材育成を通じた国際貢献に取り組んでいる団体で、1993年から東南アジアの国々を中心に実習生の受け入れを行っています。

 

逮捕の容疑は簡単に言えば、知人の女性のスマホに許可なく遠隔監視アプリをインストールし、女性の生活をのぞき見していたということです。

 

3月16日ごろに不正なインストールをし、その後その女性をのぞき見していたということになります。

 

自分のスマホを坂井圭一郎容疑者に貸してしまった女性にもいくらか問題はあるかもしれませんが、もしも同じ職場の同僚であれば断りにくかった状況があったのかもしれません。

坂井圭一郎容疑者は43歳ですので、ある程度の立場があった可能性も大きく、立場を利用してスマホを操作したのではないかと考えることもできそうです。

 

詳細については捜査が進むにつれて明らかになると思いますが、女性にとっては約2か月間、私生活を監視されていたことになりますね。

おちおちトイレすら行きづらくなりそうですね。

 

 

インストールの手口は?

 

坂井圭一郎容疑者が女性からスマホを借りた手口、インストールした手口が明らかになっています。

 

福岡県警によると、男性は女性に対し

 

「名刺管理アプリを入れてあげる」

 

と話し、スマホを受け取り、名刺管理アプリをインストールするふり(実際に名刺管理アプリもインストールした?)をして、遠隔監視アプリをインストールしたようです。

状況にもよりますが、被害女性はお得意先の名刺を複数枚いただく立場・仕事の女性であった可能性があります。

 

女性は警察に

 

「LINE(ライン)を盗み見られているかもしれない」

 

と相談したことで今回の事件が発覚していますので、何かおかしいことに気づいたのが良かったですが、もしも気づかなかったら、女性の生活はずっと丸見えだったことになり、ぞっとしますね^^;

 

またすでに4月に報じられたニュースによると、同じ(?)女性に対し、

 

「顔つきの裸の写メくらい送れよ」

 

という内容のメールも送りつけていたということで、女性の弱みを握っていたために大きな態度に出ていた可能性もありそうです。

 

女性に好意があったにしても、この行為が犯罪につながることが分からなかった男性には残念な限りです。

 

 

 

スポンサーリンク




遠隔監視アプリはどれ?

 

そもそも遠隔監視アプリとは、離れた位置で生活している、ペットや小さな赤ちゃんを監視・確認するための目的に作られています。

例えば、『アルフレッド』というアプリの場合は、余ったスマホをカメラ代わりに使用することができます。

 

 

 

 

 

そして、理性を持って使用しないと、今回のような事件に繋がりかねないアプリも存在します。

 

『mSpy』『SPYERA』『iPhoneアナライザー2』なども高機能の遠隔監視アプリとして知られています。

 

『mSpy』は、

 

  • 通話の録音、履歴の取得
  • SMSのログ取得
  • メールや電話帳の送信者情報を取得
  • ルートを含めた位置情報の取得
  • Safariのブックマーク、閲覧履歴を取得
  • カレンダー、タスクを監視
  • 保存された写真、ビデオを監視
  • アプリケーションをブロック
  • インストールしていることがバレない

 

という特徴があり、公式サイトではあくまでも”「18歳未満の子どもを監視」「経営者が従業員を監視」するのが目的”としていますが、悪意ある人が見つけてしまうともちろん今回のように犯罪になってしまいます(今回の容疑者がこのアプリを使用したかどうかは不明です)

特に、インストールしていることがバレないことが、犯罪を助長している気もしますが、確認する方法も手間がかかりなかなか、普通の女性では困難なようです。

 

mSpy公式サイト
遠隔監視アプリによる犯罪から身を守るには、自分のスマホを他人には絶対に渡さないことが大切ですね!

 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!