【書類送検】福井県警越前署で女性の靴のにおいを嗅いだのは警部補?「においを嗅ぐことは違法ではない」建物侵入容疑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

福井県警越前署で、女性の靴のにおいをかぐという変態行為が行われ、書類送検されました。

処分された警部補や、靴のにおいを嗅がれた女性について確認します。

 

 

スポンサーリンク




女性の靴のにおいを嗅いで書類送検!

小学生のころ、放課後に好きな女子のリコーダーを舐めていたという、思い出話はよくありますが、あくまでも子供の頃の思い出なのでなんとなく美化されています(女性にとってはたまったもんじゃないでしょうが^^;)

 

福井県警では30代の男性が女性の靴のにおいをかいだりしたとして、書類送検されました!

 

さすがに大人がその行為をおこなうと、不適切と言わざるを得なくなりますね^^;

 

福井県警によると、

 

  • 犯行が行われたのは2018年2月下旬
  • 越前署に勤務していた30代の警部補が深夜当直中にマスターキーを使用し署内の女性の靴のにおいを嗅いだり、持ち物を触っていた
  • 不審な行動に気付いていた別署員がビデオカメラを設置し明らかになった
  • 5月18日に本部長訓戒処分、同日依願退職した

 

 

とのことです。

 

さすがに気持ち悪いとしか言いようがありませんし、署内の女性にとって持ち物をうかつに置いて帰れないな、といったところでしょう。

 

 

 

嗅いだのは警部補、嗅がれた女性は?

 

靴のにおいを嗅いでいたのは、越前署の30代の警部補とされています。

 

警部補は日本の警察官の階級の一つで。警部の下に位置し、巡査部長の上に位置する階級とされています。

全国の警察官の29%、87000人が警部補であるといわれています。

 

越前署の書類送検された警部補の名前は明かされていませんが、30代ということで、バリバリ仕事のできる世代であることは間違いないでしょう。

年齢的に、結婚していてもなんらおかしくはありませんが、もし既婚者であれば、家族にとっては残念な退職です。

 

 

また靴のにおいを嗅がれるという被害にあった女性は、越前署内の女性署員であるとされています。

深夜当直中ですから、当然人の気配のない時間帯を狙って事務室に入りにおいを嗅いでいたということです。

 

女性の情報はそれ以外に全くありませんが、

 

「女性に好意を持っていた。深く反省している」

 

とかたっていることから、その警部補にとってとても魅力的な女性であったり、美人署員であった可能性は高いといえるでしょう。

 

 

一日警察署長などで、女性芸能人が訪れることはあります。

 

警部補にとってはこれにも負けないくらい魅力的な女性だったのでしょう

 

 

偏った性癖という見方もできますが、あまりにその女性のことを好きすぎてその行為に及んだのであれば、もっと正々堂々と告白をして、恋人同士になれば靴のにおいを嗅いでも書類送検はされなかったでしょうに、なんとも悲しい男性の性ですね。

そもそも警部補は独身なのかも不明ではありますが^^;

 

越前署を訪れる方々が、事務室に興味が向いてしまうかもしれませんね。

 

スポンサーリンク




書類送検の理由は?

 

今回、警部補は靴のにおいを嗅いだから書類送検をされたわけではないようです。

 

福井県警察本部監察課は

 

靴のにおいをかぐなどの行為自体は違法ではないが、本来の目的以外で部屋に入ったため建造物侵入罪を適用した」

「警察官として、不適切な行為で処分した」

「映像が現在も残されているかどうかについては捜査に支障があるため答えることはできない」

 

としているようです。

 

つまり、書類送検は建造物侵入容疑によるということです。

 

もしも女性の靴が廊下など、フリースペースに置かれていたら、と考えるとこの行為はいまも続いていたかもしれませんね^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!