【トラブル】成田空港のボーイング機内で煙充満!乗客退避も体調不良者あり!原因はエンジン?(2018.5.21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成田空港で滑走路に向かおうとしていたボーイング機内に、が立ち込めるトラブルが発生したようです!

体調不良者もいらっしゃるようです。

トラブルの原因と、被害の状況を、確認します。

 

スポンサーリンク




成田空港で煙トラブル!

 

 

開港40周年を迎え、お祝いムードが漂う成田空港でボーイング機による機内でのトラブルが発生しました!

現在までにわかっている内容は、

  • トラブルは5月21日午前10時ごろ発生
  • トラブル機はエアージャパン809便(ボーイング767-300型機)
  • 「機内に煙が発生した」と成田国際空港会社に連絡
  • 機体は駐機場から滑走路に向かおうとしていたがトラブルにより駐機場に戻った
  • 乗客乗員137人は機外に退避
  • 数名が体調不良

 

とされています。

煙の原因については後述しますが、体調不良者もいるということで、かなりの煙が立ち込めていたのではないでしょうか。

飛行機は成田発、香港行きの便であったため、乗客には中国人も含まれている可能性も高そうです。

 

煙の原因は?

 

煙の原因は、現在のところ、後部の補助動力装置から煙が出て客室に入り込んだとみられています。

トラブルの影響で4分間滑走路が閉鎖されたようです。

たった4分間でも、離着陸の多い成田空港ではかなりの大きなトラブルであると考えられます。

離陸する前でしたので、すぐに退避できたことが幸いではなかったでしょうか。
 

 

スポンサーリンク




体調不良者

 

前述のように、機内にいた乗客のうち4人が体調不良を訴えています。

煙を吸い込んだことによる軽い一酸化炭素中毒の可能性はありますが、正確な情報は無く、軽症であると伝えられています

乗っていた男性会社員は


「徐々に白い煙がひどくなってきた。せき込む人もいた」

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

と、話しているようです。

重症者が出なかったことは不幸中の幸いですが、きちんと再発防止に努めてほしいものです。
 

 

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!