日大アメフト部問題で学生の就活に逆風!解禁は6月1日からなのに大学側は『影響ない』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

悪質タックル問題で、終息どころか炎上が広がっている日大ですが、学生就活(就職活動)にも影響が出ているようです。

確認して行きます。

 

スポンサーリンク




悪質タックル問題、炎上広がる

5月23日に行われた日大による緊急記者会見

荒れに荒れたあの会見を見て不快な気持ちを抱いた方も多いのではないでしょうか。

 

その矛先として挙げられるのは、日大アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチです。

前日の宮川泰介さんの会見が潔く、胸を打たれただけに、逆に際立ってしまいました。

 

>>日大・宮川泰介記者会見の弁護士、西畠正・薬師寺孝亮の経歴や年収がすごい!『顔を出さないで何が謝罪だ』

 

内田正人前監督も

「信じていただけないでしょうが」

と、語っていましたがもはや何を言っても信じてもらえない状態にまで日大の信用は落ちています。

まさに逆無双状態
しかも昨日の会見では白髪の日大広報部司会者により火に油を注ぐ形となりました。

この日大の不評ぶりが、意外なところへ波紋を呼び起こしているようです。
>>日大会見(内田正人・井上奨)の司会者の態度がムカつくと炎上!日大関係者?マイクの雑音もひどい

 

 

ただ、井上コーチに関しては、どうみても板ばさみ状態で苦しんでいるようでしたので、落ちるのも時間の問題ではないかと考えられます。

 

>>日大アメフト・父母会への説明会内容は?加藤直人部長と森琢ヘッドコーチは選手側の感覚ありか

 

就活に影響

 

これまでは、日大アメフト部と関学大アメフト部の関係者による問題と思われていました。

しかし、時代はアメフト部関係者のみならず日大に在籍する大学生にも影響が出始めているようです。

スポニチが報じた記事によると、日大の学生であると言う事実が就活のハンデになるのではないかと不安を抱いている学生がいるとのことです。


「就職活動で日大の学生ということがハンデにならないか不安です」
「今年はそうもいかない。体育会の学生の就職は例年より難しくなる」
<引用元:スポニチ>

 

確かに、この状況で日大に好意的な気持ちを持つ方は少ないでしょう。

しかし、日大関係者はそれでも


「クラブ活動は通常通り行ってください」
今のところ影響はない
「就活の正念場となるこれからが心配」

 

と、ややのんきなコメントが出ているようです。

 

危機意識があれば将来を危惧する気持ちは当然持つはずです。

前述の通り、逆無双状態なので、どんなコメントにしても批判には晒されてしまうのでしょうが・・・
 

スポンサーリンク




就活はいつから

 

日大は日本一の学生数、78000人であることもすでに何度も報じられています。

 

 

数が多いだけに、日本の社長数も日本一、の名門の牙城が崩れようとしています。

 

 

 

学生の就活は開始時期が決められています。

 

2019年卒業の大学生の就職活動スケジュールは、例年通りで

 

  • 大学3年生の3月に説明会解禁
  • 大学4年生の6月に採用面接など選考解禁

 

となっています。

 

つまり、6月1日、もう間も無く解禁となるのです。

 

 

当然ながら、この悪環境の中での就活開始ですので、極めて不利、であることは間違いないでしょう。

採用する側も出来るだけ、公平な目で判断をして欲しいですね。

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

error: Content is protected !!